週末の夜、1日30分間限定!ZAIMに映るオレンジリボンを見に行こう

DSCN3042_(Photo by TAKAHASHI Akira)
11月は児童虐待防止推進月間として、各地で子ども虐待防止のシンボル、オレンジリボンを使ったキャンペーンが行われている。横浜市の「STOP・ こども虐待 よこはまキャンペーン2009」のひとつ、「オレンジリボン・アー トプロジェクト」に は、ZAIMに入居する5組のアーティストが、ZAIMや市庁舎での展示などで参加している。その中のひとつが、播本和宣さんの「P.(Between Attachment and Cover)」。下の動画では、播本さんのインタビュー付きで紹介します。
オレンジリボンは週末の夜、17時半~18時までの30分間だけ、ZAIMの外壁に大きく映し出される。映像では、やや暗く映っているが、実際は車道を挟んで向かいの歩道からもよく見えるほど明るい。足を止めて見上げている通行人も多かった。
外壁には先月「10円大仏」で話題になった今井紀彰さんの作品「モーリシャスのドド」も展示されている。(少しですが、播本さんの映像の下の部分に見ることができます)。

播本和宣さんの作品「P.(Between Attachment and Cover)」の今後のZAIM外壁への投影時間は、11月14・15(土・日)、20~23(金~月・祝)、28・29(土・日)の17:30~18:00。
また、11月14日(土)~23日(月・祝)の10時~18時には、ZAIM内のZAIMギャラリーにて、播本和宣さん、望月俊孝さんの2人による展示「Double Focus@ZAIM GALLARY」も開催される。
詳細は
ZAIMホームページ(11月のギャラリー)

動画「HARIMOTO Kazunori オレンジリボン・アートプロジェクト@ZAIM」


2009. 11.7 ZAIM前にて撮影

関連リンク
オレンジリボン運動公式サイト

横浜市こども青少年局「STOP・こども虐待 よこはまキャンペーン2009」について
横浜で児童虐待防止呼びかけ「オレンジリボン」キャンペーン-ヨコハマ経済新聞

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中