怪しく華やぎ開幕した「わたし、ひとりになっても続けます」3/16まで

3月13日(土)、横浜トリエンナーレ市民アーカイブプロジェクト展示会「わたし、ひとりになっても続けます」の初日、パフォーマンスとシンポジウム「妄想カフェ・チェルシー横浜 俺たちはひとりじゃない」が行われた。

パフォーマンスは、成瀬信彦・猪鼻秀一・川端浩史3名の共演に始まり、次は相良ゆみ・万城目純・菅間圭子・森下泰輔の4名、最後は増山麗奈・黒田オサムと個性的な豪華メンバーの出演で会場は独特な熱気を帯び、怪しき美しさに華やいだ。アーティストshino.kもゲリラパフォーマンスとして場内の壁にTwitterでのつぶやきを映し続けた。

続いてのシンポジウムは、芸術家、研究者、市議会議員など多様な参加者で行われた。横浜トリエンナーレほか各地の芸術祭の組織や歴史、課題など話題も広がったが、それぞれ立場も違えば視点も異なる。けれどもZAIMという会場の空間の魅力や、市民自ら意志をもって動くプロジェクトに関しては好意的で、距離感の近い熱い議論となった。

途中退席した増山麗奈氏は、市民と行政の対話の重要性を強調し、他の参加者も頷いた。
アーカイブの意義、内容どちらにしても、未だ多くの賛同が得られているわけではないかもしれない。しかしながら、ZAIMでの展示を一度見ると、横浜トリエンナーレの歴史を大切に語り継いでいきたいというプロジェクトメンバーの意志を感じることができる。

その時代の「もの」を残し保管する重要性が共有されなくなれば、近い将来、博物館や資料館から化石や古道具が消え、歴史資料は写真や映像をデジタルデータだけ、そんなことになると味気ないなと冗談を言っていられるのは今のうちだけなのだろうか。

横浜トリエンナーレ市民アーカイブプロジェクト展示会「わたし、ひとりになっても続けます」は明日3月16日18時までZAIM中庭にて開催中。


主催の横浜トリエンナーレ市民アーカイブプロジェクトの皆さん。ホットワインやココア、持ち帰りもできる小さなアートもあります。カンパも歓迎。


ポスターやバナー、アーティストのサイン入り作品もずらり。横浜トリエンナーレ2011へのメッセージボードには「絶対行きます!」という書き込みも。


芸術家や美術関係者から寄贈された美術書「横濱書園」コーナーのソファは人気。装飾はアーティスト密照京華さんによる。

関連リンク

横浜トリエンナーレ・市民アーカイブ・プロジェクト

ライブ配信決定!「妄想カフェ・チェルシー横浜 ―俺たちはひとりじゃない―」3/13(土)13:00~18:00

はしご外された感否めないー横浜トリ市民アーカイブプロジェクト「わたし、ひとりになっても続けます」3/13~16

「わたし、ひとりになっても続けます」第2回横浜トリエンナーレ・市民アーカイブ・プロジェクト展示会/シンポジウム3/13-16

◆ライブ配信ログの公開について

横浜市場放送局とポートサイドステーションはこのイベントのライブ配信を行いました。

しかし会場のインターネット環境の不安定により、音声・映像ともに乱れ、見て頂いた皆さまに大変ご迷惑をおかけしました。お詫びいたします。

なお、録画記録を編集し、近日中に公開いたしますので、鮮明な映像はいましばらくお待ち下さい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中