YCAN.JP アーカイブをご覧ください 〜横トリ2005の記録

ycan.jp トップ

ycan.jp は、TAEZ! の前身にあたる、市民広報ボランティアグループ「はまことり」のオフィシャルブログです。横浜トリエンナーレ2005の1年前、2004年8月から2009年3月までの記事が記録されています。横浜トリエンナーレ2008期間中は、はまことりメンバーはトリエンナーレサポーターとして参加しましたが「はまことり」としてではなく「個人としての参加」に制限されて、別サイト「横浜トリエンナーレ2008・サポーターズサイト」を中心に活動しました。そのサイトは2008終了後に閉鎖され今は見ることができません。横浜トリエンナーレ2008のサポーターの活動はわずか ycan.jp に掲載された記事と、サポーター報告書「アートボランティア横浜スタイル」(美術出版社刊 ISBN978-4-568-50395-1)で読むことができます。

ycan.jp=Yokohama City Art Network

ycan.jp は、トリエンナーレ2005会期中には一日平均1200人の来訪者(ユニークアクセス=同一人はカウントしない)を数え、会期終了後もアクセスは伸び続け最高4000人を記録しました。当時は今に比べてネット上での現代アートの情報が少なかったからでしょう。

ycan.jp と並行して配信した、ポッドキャスティングによるネット放送局「Take Art Eazy!」も画期的な試みとして人気を博しました。こちらも会期中に累計190000人が訪れています。このサイトも今は残念ながら見ることができません。(TAEZ!の名称はこの放送局からいただきました)

ycan.jp には当時発行したフリーペーパーのPDFファイルがダウンロードできるなど、貴重な資料がたくさん詰まっています。トリエンナーレ・サポーター活動のアーカイブとして今後も存続させていくつもりです。

●主な記事一覧

・フリーペーパーバックナンバー(2005年2月から12月まで計8号)

・[特集]ZAIM もうひとつの横浜トリエンナーレ

・ZAIMサポーターズ・スクール開催一覧

・2つの「横浜トリエンナーレ2005・ドキュメント」出版と記念会のお知らせ

・トリエンナーレ作戦会議V <市民シンポジウム>開催!

・速報:「横浜トリエンナーレ2008/HOP会議」開催される

・「アートの現場─見る、聞く、つくる─」東北の現場から横浜の現場へ

・界隈探訪「アートシティーヨコハマ」BT増刊号発行記念 橋本浩美写真展

.

【動画追加】体験取材「ご近所映画クラブ」@CREAM 11月28日は100人で映画作り!?

「ヨコハマ国際映像祭2009 CREAM」の新港ピア会場で平日限定で行われている「ご近所映画クラブ」に参加しました。ビヨークやケミカルブラザーズのPVも手がけた映像作家ミシェル・ゴンドリー考案のメソッドにより、映画作り2時間半、上映会まで開催して合計3時間のワークショップです。

大阪のNPO「remo/記録と表現とメ ディアのための組織」の甲斐賢治さんの ファシリテートで行われています。最新情報では、11月28日(土)午前10時に集合した人全員が参加できるという、100人で映画制作プロジェクトが行われるようです。

参加は、横浜市在住の「あめちゃん」、デザイナーでTakeArtEazy!(TAEZ!)事務局長の高橋晃さん、木村静の3人。

4人以上のグルー プ参加が望ましいということでしたが、3人でなんとかやらせてもらえました…が、案の上、作業量と忙しさに息を切らしながら、やっと出来上がりました。作品は近日中にYouTubeにUPされるとのことで、このページでもお知らせしますのでおたのしみに。

まずは上の体験取材の映像をご覧下さい。

このワーク ショップは、事前申込み制ですが、4人以上のグループなら誰でも参加可能です。ワークショップ参加は無料。要CREAM入場券(当日券大人1300円。期 間中通しパスポート2500円)。

詳細はCREAMの「ご近所映画クラブ」のページを。
100人プロジェクトについてはまもなくCREAMウェブサイトにUPされるようです。

また、CREAMウェブサイトTOPはtwitterで自動更新される仕組みになっていて、CREAMの関係者だけではなく、参加者、入場者の感想 や、それにたいしてのスタッフの意見などで常に情報交換と発信が行われていて斬新です。

CREAMも残すはあと1週間。ぜひご注目ください。

【追記】

完成した映画がアップロードされました。


そのほかの参加グループによる作品もこちらのYouTubeチャンネルで見られます。
また、会期中平日開催のご近所映画クラブは満員御礼につき、「100人ご近所映画クラブ」についての詳細もこちらのCREAMラボスペースブログにUPされています。

新スタジオオープン記念、ウォールペーパープレゼント!

wp_ZonoHana

TAEZ!の新しい拠点、ポートサイドステーションにオープン!

大さん橋の袂、象の鼻パークに面した「えきさい会大桟橋診療所ビル」に、近々ポートサイドステーションのポッドキャスト・スタジオがオープンします。象の鼻パークを見下ろす古いビルの4階の一室に、編集スタジオとミニ録音スタジオを備えた市民メディアの拠点です。ポートサイドステーション株式会社の「横浜ラジオマガジン」、横浜市民放送局の「Y150.TV 横浜市民放送局」そして、TAEZ!の「Take Art Eazy!」 は連携してここから番組を発信していきます。乞うご期待!!

オープン記念プレゼントのウォールペーパー(1280×1024ピクセル)は、えきさい会ビルから望む象の鼻と大さん橋の夕暮れです。画像をクリックすると別ウィンドウに拡大表示されます。右クリック(またはcontrol+クリック)で保存してください。

…………………………………………………………………………

pssview

[追記]スタジオの整備とミーティングを行った11月14日の夕焼けです。西側窓からはキング、クィーン、ジャックの横浜三塔が見えます。(写真ではちょうど手前のアンテナに隠れている)

.