新港地区の結婚式場計画について意見をお寄せください(BankART1929からのメッセージ)

BankART1929 池田代表から緊急メッセージが届いた。緊急なので取り急ぎそのまま紹介する。

■ 問題の「景観」はこちら>[アニヴェルセル株式会社プレスリリース]

http://www.anniversaire.co.jp/corp/wp/wp-content/uploads/2012/01/20120111.pdf

………………………………………………………………………………………………

各位

いつもお世話になっております。

以下、BankART1929からのお知らせです。

皆さんに広く知っていただきたいことがあり、メールにてお知らせさせていただきます。

ーーーーー

横浜市MMの結婚式場計画について

横浜市の新港地区の結婚式場建設を巡って、議論がおこっています。

事業者と市長の諮問機関「都市美対策審議会」との景観協議が不調に終わり、それを受けて「横浜内水域の市民利用について考える会」(山本理顕代表)が、横浜市会経済港湾委員会(今野典人委員長)に審議会の答申を十分尊重するように求めた請願書(賛同署名約500人)を提出しましたが、これも賛成少数で不採択となりました。このままいくと6月21日には横浜市会として不採択が確定します。

日本の近代を牽引した開港の地で現在おこっている問題を、横浜創造界隈のクリエイターの皆さんにはもちろんのこと、横浜市民、他府県の方にも知っていただきたく思い、筆をとりました。

ここ新港地区には馬車道や野毛地区のように、「住民=市民」がいません。だからこそ、その大目付役として「都市美審」の存在があり、みなとみらい、最近ではJICA、万葉の湯、ナビオス、カップヌードルミュージアム、URの海岸通住宅などに対して、強い牽引力(コーディネート力)を発揮し、丁寧に街づくりを推進してきました。

「都市美審」が横浜の都市デザイン(新旧の街づくり)で果たしてきた役割は大きいし、これからも市民、専門家の代表として機能し続けるでしょう。

一方、これらの景観の問題は、やはりもう少しテーブルを広げ、市民や他の分野の専門家を巻き込みながら議論する必要があるように思えます。

重要なことは、市民が自分たちの街のことを知り、自ら関わり、つくっていこうとすることを促す事だと思います。専門家や行政が計画したことをほとんど議論、情報共有しないまま、出来上がったものを見せつけられても、横浜都民といわれる市民が増えるだけで、市民のシティズンプライドは育まれていきません。その結果、新港地区は100年以上たっても横浜市民が帰属感のもてない特別な場所として存続していくことになります。これまで確かに行政がリードしてきた都市景観(このブランドは横浜が世界に誇れる財産!)ですが、これからは市井の人が、都市づくりについて、学び、議論を重ねながらレベルを深め、構築していく時代にきているのではないでしょうか?

都市美審と事業者との協議の不調→横浜内水域の市民利用について考える会の市会への請願書→不採択(予定)の一連の流れは、本当に大切な場所の大切な事案に対して、性急な市民不在のプロセスになってはいないでしょうか?

今回おこっていることをまったく知らなかった友人にこのことを話したら、実際に場所も見にいってくれて、次のようなメールをいただきました。

「話し合いの前よりも強い興味をこの問題に対して抱いています。そして、横浜の誇りになるような建物になったらとても素敵なことだなあ、と願うようになりました。」

「都市美審」の委員長である卯月先生が、神奈川新聞で述べている「開発規模が極めて大きいことや景観上重要な位置などが重なった場合は、都市美対策審議会のメンバーも加わり、事業者と市との3者で協議するシステムが実現できればいい。さらにその協議も市民に公開したい。合法であるが妥当ではないものを拒否できるのは、最後は市民の力です。」は、名言です。

私たちもこの言葉をリレーしたいと思います。

この場所に移り住んできている「新住民」である関内外の創造界隈を形成しているクリエイターの皆さん!市民の皆様!全国の皆様!是非この問題をまず知って下さい。視線を投げかけてください。

このメールの主旨は結婚式場建設反対ではなく、議論のプラットフォームを構築することです。「MM地区結婚式場建設」に関するご意見を広く募ります。これらの意見を横浜市に伝えるとともに、近い時期に開かれた話し合いの場をもちたいと思います。何文字でも結構です。記名(名字だけでも結構です)でお願いします。

このメールアドレスにお送りください。

BankART1929(代表 池田 修)

info★bankart1929.com (★印を@に替えてください)

《参考資料》

■ 「横浜港内水域の市民利用について考える会」が提出した要望書

http://www.bankart1929.com/naisuimen_youbou.pdf

■ 山本理顕氏の記事(2012年6月15日/日刊建設工業新聞)

http://www.bankart1929.com/20120612kensetsukougyoushinbun.jpg

■ 卯月盛夫氏(横浜市都市美対策審議会)の記事(2012年6月4日/神奈川新聞)

http://www.bankart1929.com/20120604kanagawashinbun.pdf

■ ヨコハマ経済新聞ー論議呼ぶ新港地区の結婚式場計画 横浜市の景観協議が初の「物別れ」に 試されるMM21地区の都市デザインの「作法」(2012.5.26)

http://www.hamakei.com/column/258/

■ 16街区・結婚式場の建設計画まとめサイトー第15回 横浜市都市美対策審 議会景観審査部会&第114回 本会(3/23)まとめ

http://ykhmid.wordpress.com/digest15/

■ 論文「なぜBankARTが生まれたのか?」池田 修(「新都市」2011 Vol.65 No.3 掲載)

http://www.bankart1929.com/WhyBankART.pdf

………………………………………………………………………………………………

6/5(土).6(日) 横浜市民放送局が生放送!『環境行動フォーラム2010』@BankART Studio NYK

forum-chirasi-omoteforum-chirasi-ura

←クリックで拡大

………………………………………………………………………

都市型エコライフスタイルのすすめ『市民創発・環境行動フォーラム2010』(横浜市環境創造局主催)を、横浜市民放送局が生放送します! 2F入口正面に設けたサテライト・スタジオを中心に、会場各地を結んで同時多元中継。参加したみなさんの声をお伝えします。

●生放送はこちら:横浜市民放送局 http://c-ty.jp/

「横浜市民放送局」は、Y150ヒルサイド参加をきっかけに生まれた市民放送局ネットワークです。2000年ころからそれぞれ活動を続けていた各地の「市民放送局」が集まりポータルサイトを作っているところです。横浜大さん橋たもとにある「象の鼻パーク」の目の前の古いビルの4階に、株式会社ポートサイドステーションの協力で放送スタジオを構え、横浜の今をさまざまな切り口でお伝えしています。

TAEZ!は、フォーラムの取材・放送と、「かえっこバザール」の開催、そしてマザーポート楽校の仲間の「環境+福祉、よこはまティーパーティー」も参加するので大忙しです。お手伝いしてくれる方大募集です!

●ご連絡はこちらまで:TAEZ!事務局 taez.office★gmail.com (★→@)

(放送orかえっこ、5日or6日のご希望を書いてお送りください)

Y150 Hill SideY150 Hill Side

………………………………………………………………………

市民創発・環境行動フォーラム2010参加のみなさまに横浜市民放送局からのお誘い

活動を発信しましょう!

会場に2日間に渡ってスタジオを設け、参加団体の取材・発信およびスタジオでのトークセッションを行います。取材希望があれば極力お受けします。生で放送したものでも録画でもインターネットにアップしますので、後々でも団体の宣伝に使うことができます。トークセッションでテーマを持って語りたい方も募集です。トークセッションもずっとネット上には残ります。取材を希望される団体、またはトークをやりたい団体は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。ご質問も歓迎です。(kabu★ops.dti.ne.jp 鏑木)(★→@)


………………………………………………………………………

『市民創発・環境行動フォーラム2010

環境月間のコアイベントとして『市民創発・環境行動フォーラム2010』が6月5日(土)・6(日)に開催されます。

開国博Y150ヒルサイドイベントで培われた市民力をさらに定着させ、発展させていくとともに、<環境に関心はあるけれどまだ行動には移していない人>や<環境にあまり関心のない人>も楽しむことができ、環境について<市民一人ひとりができること>に『気づき』、そして『行動』へと展開していくことを目的とした体験型イベントです。

ぜひご参加ください。

………………………………………………………………………

開催日時

平成22年6月5日(土) 10時~18時、6日(日)10時~17時

(*5日(土)は、19時~21時にグリーンドリンクス(エコな交流会)を開催)

会場

BankART Studio NYK 1~3階

(横浜市中区海岸通3-9、みなとみらい線馬車道駅徒歩4分)

………………………………………………………………………

主催

主催:横浜市環境創造局

共催:FMヨコハマ

協賛:キリン・トロピカーナ

………………………………………………………………………

主な内容

(1)市民活動団体、企業、大学・研究機関、行政などによる体験型展示コーナー

「くらしの中のエコ(地球温暖化や3Rなど)」「水の大切さを考える」「自然と生き物(生物多様性)」をテーマに、約50のブースが出展!

(2)横浜産の新鮮な野菜の直売・地場食材を使ったフードコーナー

(3)Fm yokohama 84.7「AIR CRUISE」公開生放送(6月5日(土)13:00~16:00)

(4)横浜環境活動賞 表彰式(受賞21団体/林文子横浜市長)(6月5日(土)13:30~)

(5)よこはま動物園ズーラシア 増井光子園長トークショー(6月6日(日)13:00~14:00)

(6)生物多様性リレートーク(6月6日(日)14:30~16:00)

海・京浜臨海部・動物園・・・横浜における生物多様性の様々な取組をリレー形式でご紹介。

………………………………………………………………………

問い合わせ先

環境創造局 企画課 環境活動推進担当

住所:〒231-0017 横浜市中区港町1丁目1番地

電話:045-671-2484 FAX:045-641-3490

Eメール:ks-06gekkancity.yokohama.jp (★→@)

………………………………………………………………………

*環境月間とは?

1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して、国連は6月5日を 「世界環境デー」として制定し、世界各国で様々な行事が行われています。我が国でも、環境基本法(平成5年) で6月5日を「環境の日」と定め、この日を含む6月を「環境月間」とし、国、地方公共団体等において、環境 保全の重要性を認識し、行動の契機とするため、各種の行事を実施しています。

横浜市でも、この環境月間を機に、市民、企業、学校、行政等があらためて環境問題について一緒に考え、 これからの行動につなげていけるよう、環境月間事業を実施しています。

………………………………………………………………………

コトバノチカラ ときたま 1993-2010展

YCMBのmoimoi。さんこと礒田守人さんが、ときたまさんのコトバノチカラ展に潜入!

横浜BANKART STUDIO NYKで5月30日までやってる『コトバノチカラ ときたま 1993-2010』展に出没。

いきなり、ときたまさんに取材決行した映像であります。
ときたまさんウェブサイトhttp://www.tokitama.net/