このチャンスを逃すな! 横浜市民放送局が総力を挙げて企画した「映像の寺子屋」スタート。

インターネットを使った映像の配信がとても身近なものになりました。ほんの一年前から盛んになりはじめた「USTREAM」と「Twiiter」の連携による情報発信はマスコミの存在を脅かすほどです。「YouTube」や「ブログ」など新しい技法を身につけるのは今がチャンスです。誰でも簡単に、とは言っても揺籃期の技術なので、習得するにはまだまだコツが必要です。ちょっとしたことで分からなくなったり、有効な使い方に気がつかなかったり、経験則がものを言います。

今月からはじまった「横浜ストリーム地域レポーター養成・映像講座」は、映像制作の経験豊かで、新しい技術にもいち早く挑戦して積極的に市民活動を展開している「横浜市民放送局」のオーソリティが、今までのノウハウを総ざらい、力を注いで開講するプログラムです。基礎から実践まで、分かりやすく、学びやすいていねいな講座作りを目指しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>>詳しい内容はこちらから。リーフッレット(PDF)のダウンロード。

EizoKoza_out

>>20日、21日に開催された「橋本道場・映像活用実践講座」のようすです。

http://portside-station.net/2010/11/21/6562/

>>横浜ストリーム

http://yokohamastream.jp/

>>横浜市民放送局

http://c-tv.jp/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「横浜ストリーム地域レポーター養成・映像講座」

期 日:11月20日(土)~12月16日(木) 6講座、21回開催

会 場:横浜市市民活動支援センター ほか

受講料:無料

定 員:[橋本道場][木村屋]各10名、[梅庵]各20名

主 催:横浜地域情報化推進協議会(NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ、テレビ神奈川、(株) ブレインズ)

共 催:横浜市民放送局、横浜市民放送局ネットワーク化プロジェクト(YNP)

協 力:ポートサイドステーション、横浜市民メディア連絡会

問合せ:(横浜ストリームついて)横浜地域情報化推進協議会 Tel. 045-252-0240 ystream@yokohamalab.jp

(講座の内容について)横浜市民放送局ポートサイドステーション info@portside-yokohama.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

申込み info★portside-yokohama.jp (★→@)
件名は「講座申込み」本文に「○月○日の○○講座申込み」住所、名前、電話番号、橋本講座の場合はカメラの機種を明記して送信。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

06/01 Media Cafe !!

来月開催される「市民創発・環境行動フォーラム2010」で生放送を行う横浜市民放送局が、これをきっかけに「誰もが主人公」の平たいメディアの輪を広げようと「メディアカフェ」をオープン。フォーラムへの参加と取材を実践的なワークショップととらえて、何ができるか考えます。

=====================================
Media Cafe -メディアカフェ-
横浜の情報発信をみんなで考える飲み&交流会
=====================================

今回のテーマは
6/5,6 環境行動フォーラムからの発信」を考える

横浜の情報発信を考える「メディアカフェ」はインターネットや
身近になった映像機器などを活用し、楽しく面白く横浜の今を伝える
を目的に、いろいろな人が集い、交流するカフェです。

こんな情報発信が楽しい、あんな面白いものがある、コレを活用できないか?
など、参加者同士が自由に発表、共有できるスペースにします。

今回は環境行動フォーラムの放送にどのようなことができるか、
意見を出し合ったり、連携することを考えたりとしたいと考えています。

日時:6月1日(火) 17時30分開場 18時スタート
場所:横浜市市民活動支援センター4階
地図:http://www.npo-c-city-yokohama.jp/access.html
参加費:200円(資料代、ソフトドリンク代)

プログラム:
・オープニング(10分) 今回の趣旨説明、会場説明
・メディア活動報告 (30分) 5~7分程度の説明
(横浜市民放送局、YNP、ChannelCream、野毛hana*hana、
PortSideStation、TAEZ!、市民メディア連絡会等)
・6月5,6日「市民創発・環境行動フォーラム2010」の紹介(10分)
横浜市環境創造局さんからの説明
・「市民創発・環境行動フォーラム2010」の番組企画 (40分)
番組企画、放送形態の検討 他イベントとの連携、多次元中継について
・交流タイム (10分)
・飛び入りライトニングトーク(20分) 活動報告、イベント告知、各種募集、など各5分
・クロージング

リーフレット

0605-06forumリーフレット(PDF)ダウンロード

「アートと地域力ネットワーク会議」が開催されました

会議全景

2009年11月28日、ヨコハマ国際映像祭2009のメイン会場、新港ピアのラボスペースにて、「アートと地域力ネットワーク会議」(TAEZ!主催)が開催されました。

【会議の目的】

この会議は、横浜各地でアートに関わる活動をしているさまざまなグループが集まり、活動内容を紹介するとともに活動の成果と課題を報告し、互いに情報交換をして交流を深めるねらいがあります。そしてグループどうしを結ぶネットワークの構築を目指しています。また、クリエイティブシティの形成を目指す横浜市の文化政策に対して提言すべきことを探る目的もあります。

【今回の参加グループ】

ART LAB OVA

大岡川アートプロジェクト

金沢文庫芸術祭

さかえ de つながるアート

シネマ・ジャック&ベティ

SpiceRoad

創造と森の声

野毛Hana*Hana

Play Art Laboratory

遊美プロジェクト

吉田町アート&ジャズフェスティバル

横浜市民放送局

TAEZ!

————————————————————-

【主な内容・提案】

●交流の方法について

各グループの紹介の後、各グループが活動している地域と地域、人と人が交流するにはどのようにしたらいいかについて意見が出されました。

吉田町からは、「常に街でイベントが行われている方が経済効果もアップする。他の地域のグループの活動に吉田町を使いたいという希望があれば、場所を提供できると思う。イベントを主催する側、参加する側、いろいろな人に自分たちの街を見てもらいたい」と、会場探しに奔走するスタッフに対してうれしい発言がありました。

また、このような会議を継続的に開催するのもいいけれど、まずは、参加グループのメーリングリストを作成し情報交換することから始めましょうということで同意を得ました。

さらに、メーリングリストを活用してアートイベントを知らせ、ツアーを組んで出掛けましょうというグッド・アイデアも出されました。

●連携について

現在、各グループでそれぞれのホームページを設けているが、横浜各地で開催されるアート情報を一括してウェブページで参照できるといいという意見が出されました。

また、それぞれのグループの得意分野、不得意分野、過去の問題と解決方法などを蓄積しておき、情報交換することによって助け合うことができるといい。お互いのタイプの違いや問題意識の違いを知ったうえで意見交換し、ポータルサイトの構築へつなげたいという意見もありました。

アート広報メディアのTAEZ!がメーリングリストを作成・管理し、参加グループのハブの役割を担うことになりました。今後もTAEZ!が呼びかけ人となり、継続的に交流の場を設けて会を重ね、参加グループの連携を図っていきたいと思います。また、今回参加できなかったグループにも声を掛け、ネットワークも拡大させていきたいと考えています。

(山岸泉)

お問合せ:TAEZ!事務局 taez.office★gmail.com (★→@)

————————————————————-