ヒルサイド、駒さんからの手紙

komaY150ヒルサイドで市民創発のワークショップを展開中の斉藤駒さん(照子さん)からメールが届きました。斉藤さんは、2005年、2008年の横浜トリエンナーレでサポーターとして大活躍した素敵なご婦人です。今回はサポーターの立場からアートプロジェクトの主催者へと、今まで培ってきたノウハウを生かして大変身です。

………………………………………………

(中略)・・・我がブースはご覧のように、昨年の横浜トリエンナーレの応援企画の皆様の作品が再度活きて会場を盛り上げています。
昨年の市民の沢山の力を集めた感じです。特にモビールの数の多きには、逸品が紛れて、宝探し状態で、見つけては「これ凄くない!」と見せ合う状態ですよ。ランタンの切り絵も、とても素敵です。

昨日は、展示会しませんか、の声も頂けました。私の力では、其処まで運べませんが、応援企画は昨年沢山実行されました。その成果は、どこで見れるのか! 会場へ足を運んで頂けたか私達にはわかりませんね。

ペットボトルのモビールの作品の作られた、様子を思い出しています。斎藤純子さんをはじめ関わった皆さんの様子を振り返ってしまいます。

今は捨てないで良かった。

でも斎藤純子さんがこれらを前に、アートの力を加えたら、もっともっと良い作品に変化させた事と思います。今は、これらの作品を今後どうするかを皆さんに聞いて行きたいです。

今日から操り人形のラボです。

ご期待下さい。
では 会場へ足を運んで下さい。

宜しくお願い申し上げます。

齊籐照子

Y150開港記念イベント創発メンバー
ヒルサイド「竹の海原」「繋がりの森」
プロジェクト「遊びをあそぶ」&「遊美」

ヒルサイドの夏
ヒルサイドの夏

http://y150asobi.blog78.fc2.com/

広告