1.31 まちの映画館と映画館のある町と

まちと文化をつなげるためにはどうするべきか、考えるべきこと、配慮することなどを、若葉町の老舗仕出屋の三代目と、横浜唯一の独立系映画館で名画座の支配人をお招きして、具体的な事例を元に学びます。
2009年10月に閉鎖された若葉町の廃ビルをそのままに利用して開催します。
………………………………………………………………………………………………………………
平成21年度文化ボランティア支援拠点形成事業
文化ボランティア・コーディネーター養成講座
★★★
【横浜市中区若葉町シネマ・ジャック&ベティ編】
第8回まちの映画館と映画館のある町と
★★★
・日時 2010年1月31日(日)17:00~20:00(開場16:45)
・会場 横浜専門店会ビル1階(横浜市中区若葉町3-47)
京急黄金町駅、市営地下鉄阪東橋駅徒歩5分
*シネマ・ジャック&ベティ出て右斜め前。
・申込 受講希望者は,氏名,携帯電話番号と携帯メール,職業,参加動機を記載のうえ,E-mailにて,下記まで。
artlabova★dk.pdx.ne.jp(★→@) 定員30名
・料金 無料
(1週間以内にレポートを提出してくださった方には後日講座をまとめた冊子を進呈します。)
………………………………………………………………………………………………………………
・講師 渡邉清高(横濱うお時専務取締役、大岡川ゆないてっど代表)
梶原俊幸(シネマ・ジャック&ベティ支配人)
・聞き手:蔭山ヅル(ART LAB OVA)
………………………………………………………………………………………………………………
【文化ボランティア・コーディネーター養成講座:横浜市中区若葉町シネマ・ジャック&ベティ編】長い歴史をもちながら,常に危機的な状態にある,横浜唯一の独立系映画館シネマ・ジャック&ベティ。http://www.jackandbetty.net/そして黄金町と伊勢佐木町商店街の裏通りとして独自の変移をしてきた周辺地域。その事情を理解したうえで,シネマ・ジャック&ベティ周辺で開催される映画祭やアートプロジェクトなどのイベントを,地域やNPOなどとつなぐことで,より多角的にし,魅力的な広報で人を呼ぶ,「地域振興につながるアートプロジェクト」として運営してゆけるコーディネーターを育成します。

1.11★キッズ・イン・アート@よこはま名画座★『まちのたまご劇場』

ART LAB OVA

特別支援の必要なこどものための
『アート・アニメをみる会+アニメやおんがくをつくる会』
さんかしたいひとぼしゅう!0えん

しょうがいのある子やそのきょうだい+外国つながり+低所得などなど、特別支援の必要なこどもたちのためのスペシャルイベントです。
あさは、日本の古い作品やこどもたちがつくった作品などを上映する『アート・アニメをみる会』。
ひるには、アーティストといっしょに作品をつくる『アニメやおんがくをつくる会』をひらきます。
申し込みは先着順。
*参加希望者が少なかったとき(1月10日夜にお知らせします)には、特別支援の必要のない子の参加も受け付けますので、特別支援欄「5:なし」にチェックをし て申し込んでください。特別支援の必要のない子と付き添いの大人は参加費ひとり500円になります。

………………………………………………………………………………………………

・ひにち
2010年1月11日(月・祝日)

10:30~アート・アニメをみる会 (0さい~18さいまでのこどもとつきそいのおとな、あわせて100人まで)
12:00~おひるやすみ
13:30~アニメやおんがくをつくる会 (小学生~18さいまでのこども25人まで)
1)アート・アニメをつくる
・・・農宗靖也(のうそうやすなり/未演出映像愛好家)
・・・アワムラジュンコ(あわむらじゅんこ/内弁慶パンクス)
・・・辻直之(つじなおゆき/アニメーション映像作家)
2)おとをつくる
・・・スズキクリ(すずきくり/サウンド・アーティスト)
3)まちをあるいてしゃしんをとる
・・・蔭山ヅル(かげやまづる/アーティスト)

………………………………………………………………………………………………

・ばしょ シネマジャック&ベティ
*ヨコハマ唯一の名画座&ミニシアター。
世界中のさまざまな名作を上映してます。
〒231-0056 横浜市中区若葉町3-51
でんわ045ー243ー9800
京急「黄金町」/地下鉄「阪東橋」からあるいて7ふん
http://www.jackandbetty.net
*会場には駐車場はありません。
(ちかくにコインパーキングがいくつかあります)
*会場は2階にあり、エスカレーターと階段しかありませんが、ご相談いただければできるかぎりの支援をします。
*AMみる会・PMつくる会の両方に参加するひとは、お昼ごはんを各自たべてきてください。

………………………………………………………………………………………………

・もうしこみ方法
以下を明記して、ART LAB OVAまでご連絡ください。
1)こどものなまえ(ニックネームでもOK)
2)ねんれい
3)特別支援の内容<1:しょうがい/2:1の兄弟姉妹/3:がいこくつながり/4:そのほか/5:なし>
+スタッフに気をつけてほしいこと (階段/トイレ/暗がり/音など大丈夫ですか?)
4)参加したいプログラム〈AMみる会・PMつくる会(両方も可)〉
5)参加するこどもの人数+つきそいのおとなの人数
6)代表者の携帯メール+携帯番号
7)つくる会参加希望の人は「じこしょうかい」をおねがいします。
*つくる会のどのコースにするかの参考にします。

・もうしこみ+といあわせ
ART LAB OVA(アートラボ・オーバ) http://artlabova.org/
*アーティストがヘンてこかわいいことをしているNPOです。
メール artlabova★dk.pdx.ne.jp (★→@)

………………………………………………………………………………………………

主催:ART LAB OVA
共催:シネマジャック&ベティ
協力:NPO法人ソーシャル・イノベーション・ジャパン/NPO法人在日外国人教育生活相談センター・信愛塾/横浜市中村地域ケアプラザ
助成:UBS Kids in the Arts助成プログラム

………………………………………………………………………………………………

ボランティアも募集中です。
*ボランティア希望者は前日の講座に参加していただけると助かります。 http://downtownart.hama1.jp/e808655.html

………………………………………………………………………………………………

1.10「しょうがいのある人たちと文化のソフトとハード 」

ART LAB OVA

平成21年度文化ボランティア支援拠点形成事業
文化ボランティア・コーディネーター養成講座

【横浜市中区若葉町シネマ・ジャック&ベティ編】
第7回 「しょうがいのある人たちと文化のソフトとハード 」

2000年に当時の厚生省が「ソーシャルインクルージョン(social inclusion)」の理念を推し進める提言をしました。 たしかに、この10年でしょうがいのある人たちの生活は選択肢が増えるなど大きく変化したかもしれません。 しかし、一方で、いまだ、しょうがいのない人たちにとって、しょうがいのある人の日常や文化は身近といえず、そういう意味では、「ソーシャルインクルージョン( social inclusion)」が進んだとはいえない状況だともいえます。
今回、車椅子ユーザーで起業家である岡村道夫さんと、学生時代からしょうがい者アートの活動に携わっている美術館学芸員の山本雅美さんを講師としてお招きし、し ょうがいのある人の文化のニーズと必要な配慮や支援を学びながら、その可能性について考えます。

★2009年10月に閉鎖した若葉町の廃ビルをそのまま利用します。
廃ビルは2010年3月に、現在大和市在住アートグループ「似て非ワークス」によるアートカフェとしてオープンします。

………………………………………………………………………………………………

・日時 2010年1月10日(日)13:00~16:00(開場12:30)
・会場 横浜商店会ビル1階(横浜市中区若葉町3-47)
京急黄金町駅、市営地下鉄阪東橋駅徒歩5分
*シネマ・ジャック&ベティ出て右斜め前。
・申込 受講希望者は,氏名,携帯電話番号と携帯メール,職業,参加動機を記載のうえ,E-mailにて,下記まで。
artlabova★dk.pdx.ne.jp(★→@) 定員30名
・料金 無料(参加者は1週間以内に,レポートを提出してください。後日まとめた冊子を進呈します。)

講師: 岡村道夫 (ピアサポート株式会社取締役会長|車いす起業家) http://www.peer-support.co.jp/

講師:山本雅美(東京都現代美術館学芸員)

聞き手: 蔭山ヅル(ART LAB OVA) http://artlabova.org/

………………………………………………………………………………………………

【文化ボランティア・コーディネーター養成講座:横浜市中区若葉町シネマ・ジャック&ベティ編】
長い歴史をもちながら,常に危機的な状態にある,横浜唯一の独立系映画館シネマ・ジャック&ベティ。
http://www.jackandbetty.net/
そして黄金町と伊勢佐木町商店街の裏通りとして独自の変移をしてきた周辺地域。その事情を理解したうえで,シネマ・ジャック&ベティ周辺で開催される映画祭やア ートプロジェクトなどのイベントを,地域やNPOなどとつなぐことで,より多角的にし,魅力的な広報で人を呼ぶ,「地域振興につながるアートプロジェクト」とし て運営してゆけるコーディネーターを育成します。

………………………………………………………………………………………………