LIGHT – COLOUR – PLAY, AGAIN ! モーガン・フィッシャー @ ギャラリーBOX

Morgan Fisher

http://www.yokohama-bayquarter.com/web/sound/#Gallery

GalleryBox第22回目の選出作家は、音楽家・抽象写真家として活躍する、モーガン・フィッシャーさんです。彼独自の写真スタイル「ライトペインティング」を、各BOXを額にみたて展示します。これらの写真は、驚くべきことにCG処理を全くしていません。どうぞお楽しみください。

LIGHT – COLOUR – PLAY,  AGAIN !

 モーガン・フィッシャー Morgan Fisher

会期        2011年12月1日(木)~2012年2月26日(日)   11:00~23:00

会場        横浜ベイクォーター「ギャラリーBOX」

神奈川県横浜市神奈川区金港町1-10 JR・私鉄各線横浜駅「きた東口」からベイクォーターウォークで徒歩3分 「東口」よりそごう2階経由で徒歩7分 www.yokohama-bayquarter.com

入場料    無料

企画        キュレーター 芹沢高志(P3 art and environment) アシスタントキュレーター 糟谷健三 吉岡理恵

今年3月から5月までの展示ではバックライトを使うことが出来ず、残念ながら本来の明るい作品をご覧いただくことが出来ませんでした。そこで、クリスマスシーズンを迎える12月から2月末まで、もう一度、この光の写真『Light  Painting』を展示することになりました。更に、120枚の写真をフォトフレームのスライドショーでご覧いただけます。

ギャラリーBOX人力発電所

ギャラリーBOX人力発電所

横浜トリエンナーレ2005でキュレーターを務めた芹沢高志さんが、2006年から企画している「ギャラリーBOX」は、横浜ベイクォーターの3~5階通路壁面を使ったユニークなアートギャラリー。今回もさらにユニークなスタイルを展開している。

………………………………………………………………………………

ギャラリーBOX人力発電所

会期        2011年9月1日(木)~2011年11月28日(月)11:00~23:00

会場        横浜ベイクォーター「ギャラリーBOX」

横浜市神奈川区金港町1-10 JR・私鉄各線横浜駅「きた東口」からベイクォーターウォークで徒歩3分 「東口」よりそごう2階経由で徒歩7分

入場料    無料

主催        横浜ベイクォーター

企画        キュレーター 芹沢高志(P3 art and environment)/アシスタントキュレーター 糟谷健三 吉岡理恵

………………………………………………………………………………

日頃なにげなく使っていた電気の大切さを知った今、私たちキュレーターチームは、ささやかな挑戦をしてみることにしました。普段はギャラリーBOXという「容れもの」に入れる「中身」、つまりアーティストの作品を選び、設置するという仕事を私たちはしています。しかし今回は、アシスタントキュレーター糟谷健三が、この容れものそのものに手を加え、それを人力発電所に変えてしまいました。中身を見るためにはハンドルを回し、自分たちで電気を起こさなければなりません。ハンドルを回す時、ギャラリーBOXのなかにどんな世界が生まれるでしょう?どうぞ、お楽しみに!

………………………………………………………………………………

お問い合わせ:P3 art and environment(担当平野)tel:03-3353-6866 mail:gallerybox★p3.org(★→@)

「左見右見(とみこうみ)」どこかの風景 だけれども、どこでもないどこかの場所。

左見右見(とみこうみ)

横浜トリエンナーレ2005のキュレーターとしてお馴染みの芹沢高志さんがキュレーションする展覧会、小木曽瑞枝(おぎそ・みずえ)による「左見右見」展をご紹介。

(以下リリースから)

…………………………………………………………………………

タイトル :小木曽 瑞枝「左見右見(とみこうみ)」

会期:2011年6月2日(木)~2011年8月28日(日)

時間:11:00~23:00

会場:横浜ベイクォーター「ギャラリーBOX」

(神奈川県横浜市神奈川区金港町1-10)JR・私鉄各線横浜駅「きた東口」からベイクォーターウォークで徒歩3分「東口」よりそごう2階経由で徒歩7分  www.yokohama-bayquarter.com

入場料:無料

主催:横浜ベイクォーター

企画:キュレーター 芹沢高志(P3 art and environment) アシスタントキュレーター 吉岡理恵 糟谷健三

お問合せ:P3 art and environment  gallerybox★p3.org(★→@)

…………………………………………………………………………

季節ごとに感度の高いアート作品を紹介していく横浜ベイクォーター「ギャラリーBOX」。20回目にあたる今期は、風景の観察を通した独自の視点で物語を構築し、ファンタジーとリアリティーの狭間にある世界を表現する小木曽瑞枝を紹介します。

「左見右見(とみこうみ)」とは、右をみたり左を見たり、あちらこちらを見ること。平面と立体を組み合わせて構成した空間は、視点を変えてみることでさまざまな表情をみせます。木製のパネルをくり抜いてつくられたオブジェは、自分の半径1m程の視界にある小さな発見の集積たちだと彼女はいいます。『どこかの風景』だけれども、どこでもないどこかの場所。3.11の大震災は私たちの日常、価値観を大きく変えました。本展タイトルに今回彼女が選んだ「左見右見」ということばは、情報に翻弄される私たちの姿とも重なります。どこか欠けた風景は、これから再生されていく未来の風景を思わせます。

なお、会期中には小木曽瑞枝+池田光宏によるワークショップを開催予定です。詳細は横浜ベイクォーターウェブサイトにて後日発表致します。

.

情報いろいろ

日枝神社(お三の宮)の狛犬
日枝神社(お三の宮)の狛犬

今年もよろしくお願いいたします。

ご案内いろいろあります。

………………………………………………………………………………………………

TAEZ! から横浜トリエンナーレサポーター事務局あてに公開質問状を送り、HPにも公開しました。

https://takearteazy.wordpress.com/

リツイートをお願いします。

………………………………………………………………………………………………

●高嶺さん制作スタッフ募集  ツイッターにありました。

ボタンティアのことかしら、参加してみようかな?

横浜美術館で開催される高嶺格さんの制作スタッフを募集しています。1/17と1/18もし興味がある人は横浜美術館の天野さんに連絡して下さい。いきなりでも大丈夫!美術館連絡先:045-221-0300 10:00-18:00で昼飯はでます。(ボランティア)

………………………………………………………………………………………………

●横浜美術館のイベント

http://www.yaf.or.jp/yma/event_information/040/

三木あき子氏×高嶺格氏 クロストーク
横浜トリエンナーレ2011のアーティスティック・ディレクターに就任した三木あき子氏と高嶺格氏の対談。

横浜トリエンナーレ2005の会場で、ひときわ注目を集めた高嶺格の映像インスタレーション《鹿児島エスペラント》の記録を紹介しながら、

国際展とは何か、アーティストとキュレーターそれぞれの立場から語っていただきます。併せて、本展の見どころなどを紹介いたします。
日時:1月22日(土曜)15時00分から16時30分

会場:横浜美術館レクチャーホール (定員240名、無料)
※開場は開演の30分前
高嶺格 トーク
本展出品作家・高嶺格氏によるトーク・イベント。出品作品のことや展覧会のテーマ、横浜での滞在制作など、作家自身に語っていただきます。
日時:3月19日(土曜)15時00分から16時30分

会場:横浜美術館レクチャーホール (定員240名、無料)
※開場は開演の30分前

公開セッション「日本、現代美術の可能性」
@森美術館展示室内

現在日本の現代美術界を担う3人のアーティスト、高嶺格、小谷元彦、曽根裕の展覧会が同時期に開催しているこの機会をとらえ、3館のキュレーターが集まって、公開セッションを行います。
出演: 木村絵理子(横浜美術館)・堀元彰(東京オペラシティ アートギャラリー)・荒木夏実(森美術館)
日時: 2011年1月23日(日曜) 14時 から16時
会場: 森美術館展示室内
定員: 80名(当日先着順、予約不要)
料金: 無料(要展覧会チケット)

相互割引プラン!>>
▶三つの美術館(森美術館+東京オペラシティ アートギャラリー+横浜美術館)を巡って、現代美術の先端を満喫! 「小谷元彦展」「曽根裕展」との相互割引を実施

………………………………………………………………………………………………

北仲スクール

0128日 「横浜の芸術と文化」H22最終回

逢坂恵理子・横浜美術館館長/横浜トリエンナーレ2011総合ディレクター

女子力でアートを包む、横浜美術館の逢坂恵理子館長。

2011年横浜トリエンナーレのディレクターとして、その構想や展望をお話ししていただきます!

日時: 20110128日(金)18:30-20:30

場所: ヨコハマ創造都市センター(YCC) 3Fスペース

http://www.yaf.or.jp/ycc/access/index.php

ゲスト: 逢坂恵理子氏(横浜美術館館長)

コーディネーター: 室井尚(北仲スクール代表/横浜国立大学教授)

http://kitanaka-school.net/event/2010/12/post-54.html

どなたでも予約なしに受講できます。

………………………………………………………………………………………………

平成22年度 文化芸術による地域づくり事業シンポジウム

『地域コミュニティとアートを考える』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2011129日(土)14:0017:00

】ヨコハマ創造都市センター 3Fスペース

参加費 】無 料(要予約)

<交流パーティー>————————————

2011129 日(土)17:30

】ヨコハマ創造都市センター 1Fホール

参加費 1,000円(要予約)*当日会場受付にてお支払いください

フード・デザイナー】モコメシ

20107月~20113月にかけ、横浜市内11ヵ所で開催されている今年度の「文化芸術による地域づくり事業」活動報告プレゼンテーション。後半は、アサヒ・アート・フェスティバル事務局長も務められている芹沢高志さんをゲストに迎え、各団体の活動がコミュニティ・地域に対し、どのような変化をもたらしているのか、また今後の横浜における地域アートプロジェクトの可能性について、ディスカッションしていきます。

=================================================

【プレゼンテーション】

文化芸術による地域づくり事業参加団体

<横浜アートサイト参加団体>

GROUP創造と森の声、金沢文庫芸術祭実行委員会、AOBA+ART2010実行委員会、都筑アートプロジェクト2010実行委員会、大岡川アートプロジェクト実行委員会

<コミュニティ+アート参加団体>

ワダヨコ、旭区地域生活支援拠点ほっとぽっと、さかえdeつながるアート実行委員会、多文化まちづくり工房、コミュニティカフェ マローンおばさんの部屋、寿オルタナティブ・ネットワーク

【ゲスト】

芹沢高志(P3 art and environment エグゼクティブ・ディレクター)

=======================================

【シンポジウム/交流パーティー ご予約方法】

件名に「1/29 シンポジウム&交流パーティー予約」、本文に「 ①氏名 ②シンポジウム参加/交流パーティー参加/両方参加のいずれかを選択 ③電話番号 ④住所 E-mailアドレス」をご記入の上、下記までE-mailまたはFAXにてお申込みください。

ヨコハマ創造都市センター E-mailyccyaf.or.jp (★→@) Fax045-221-0215

=================================================