7/3 横浜市民メディア連絡会 総会&講演会 開催

Y150ヒルサイドの市民放送局

写真はY150ヒルサイドでの市民放送局

………………………………………………………………

ごぶさたしておりますがいかがお過ごしでしょうか。

原総一朗さんの残したさまざな市民メディア活動のDNAは各区における市民活動の中にしっかりと伝播していき、新しい活動を創造しているようです。

たとえば、Y150のヒルサイド会場の生中継をきっかけにスタートした横浜市民放送局のプロジェクトがなかなか活発な動きを示しています。

つい先日もBankART NYKで開催された「環境行動フォーラム2010」で横浜市民メディア連絡会のメンバーを中心に放送したところ大きな反響と評価を得ることができました。また、新しいメンバーを迎えることもできました。

また、横浜会議で採択された地域デジタルアーカイブづくりの提案をきっかけに、茅野さんが「こうなんの歴史アルバム」を完成させました。横浜市民メディア連絡会の地域デジタルアーカイブ活動の原点となった提案は、原さんが仕掛け、グローマンさんが内容をまとめたものでした。

さらに、Y150で展開した「みんなでつくる横濱写真アルバム」も、市からの助成がないにもかかわらず、なんとか活動を持続しております。

さて、前置きが長くなりましたが2010年度の通常総会を7月3日6時からなか区民活動センターにて開催したいと思います。

総会では「iPadの登場で一躍脚光を浴びた電子書籍アーカイブ“青空文庫”の市民的活用術」(仮題)として富田倫生さんに6時から講演していただきますが、それに先立って5時から総会を開催いたしますので、是非、ご参集ください。

講演していただく、富田さんは青空文庫(あおぞらぶんこ)の世話人。同文庫は、日本国内において著作権が消滅した文学作品を収集・公開しているインターネット上の電子図書館です。青空文庫のルールにしたがって電子出版することでさまざま記録や記憶をアーカイブできます。また、無償ですが、流通させることができます。電子出版の市民的活用を考えるきっかけにしていただければ幸いです。ちなみに青空文庫の名前は根岸森林公園がきっかけで生まれたという噂があります。真相はいかに!

総会では、2009年度活動報告と会計報告をいたします。また、市民メディア連絡会の運営会議を情報交換の「機会・場」として、出入り自由の月例サロンとすることを提案させていただきたいと思っております。固定的なメンバーで情報交換するのではなく、新しい出会いが新しい活動を創るような情報交流の場にしようということです。

是非、みなさまのご意見をお聞かせください。

以上、簡単ですが、7月3日(土)午後5時から横浜市民メディア連絡会総会とスケジュールにご記入くださるようお願いいたします。当日、会場でお会いしましょう。

横浜市民メディア連絡会代表 和田昌樹

………………………………………………………………

日時:7月3日(土)午後5時から
場所:なか区民活動センター研修室
http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/ncac/
参加: 一般参加無料
○市民メディア連絡会のメンバーの方は出欠確認をメーリングリスト充てにお送りください。欠席のは合わせて委任状もお送りください。

講演:「iPadで注目される電子書籍の市民的活用術」
講師:富田 倫生 氏(青空文庫)

青空文庫

懇親会:午後7時半頃終了予定。適宜懇親会場へ

………………………………………………………………

横浜市民メディア連絡会とは?
市民が自由に市民メディアを活用して、コミュニティの課題を主体的に解決するため、市民メディアの活用研究、メディアリテラシー研究などを行い、市民団体、行政、大学、メディア/企業の会員メンバーが協働して行政への政策提言、社会的実験などを行なう市民団体です。

http://www.y-cmc.com/

………………………………………………………………

プログラム詳細

☆前半 総会 (17時~17時50分)

●1号議案 2009年度事業報告
【市民デジタルアーカイブ・プロジェクト】
みんなでつくる横濱写真アルバム、港南区のデジタルアーカイブ活動、大山街道発見の旅、その他
【市民放送局プロジェクト】
横浜市民放送局、市民メディア活用講座
【地域情報プラットフォーム・プロジェクト】
【その他】
みんなでつくる市民活動マニュアル

●2号議案 2009年度決算報告

●3号議案 会費に関する会則の変更
会費は総会、入会時の寄付でまかなう提案。

●4号議案 2010年度予算の確定

●5号議案 2010年度活動計画の確認と承認
市民デジタルアーカイブ・プロジェクト、市民放送局プロジェクト
地域情報プラットフォーム・プロジェクト、みんなでつくる市民活動マニュアル

●6号議案 運営会議のオープン化および月例情報交換サロン化の提案
運営委員は止めて情報交換の月例サロンへ
固定的なメンバーで情報交換するのではなく、新しい出会いが新しい活動を創るような情報交流の場として設定。新たに担当者をもうけ会員拡大を目指す。

●7号議案 2010年度役員の改選

☆休憩 (17時50分~18時)

☆講演会 (18時~19時)

「iPadで注目される電子書籍の市民的活用術」

ゲスト講師:富田 倫生 氏
広島市生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。編集プロダクション勤務を経て、ライターに。ノンフィクションのさまざまな分野を取材対象としてきたが、次第にパーソナルコンピューターの比重が高まる。ボイジャーのエキスパンドブックを見て電子出版の可能性を本気で信じ込むようになり、「パソコン創世記」と名付けたタイトルを、コンピューターで読むことを前提に制作。このブック上の記述を、インターネット上のさまざまなホームページにリンクさせていくという作業を体験してからは、電子本への確信をさらに深めている。
紙で出してきた著書に、「パソコン創世記」(旺文社文庫版、TBSブリタニカ版)、「宇宙回廊 日本の挑戦」(旺文社)、「電脳王 日電の行方」(ソフトバンク)、「青空のリスタート」(ソフトバンク)、「本の未来」(アスキー)がある。

………………………………………………………………

6/5-6 かえっこバザール in 環境行動フォーラム2010

かえっこバザール 6月5日・6日

おもちゃのとりかえっことワークショップ
かえっこバザール in 環境行動フォーラム2010

■日時 2010年6月5日(土)・6日(日) 11:00~17:00
■場所 Bank ART studio NYK
(横浜市中区海岸通3-9、みなとみらい線馬車道駅徒歩4分)

………………………………………………………………………

かえっこバザールはおもちゃの交換プログラムです。

家の中で眠っている「おもちゃ」、使わなくなったゲームや本をきれいにして持ってくるとポイントと交換します。おもちゃでもらったポイントや、ゲームやワークショップの参加ポイントで、好きなおもちゃがもらえるます。ポイントはどこの「かえっこ」でも使えます。有効期限もありません。

■かえっこバザールからのお願い

・おもちゃはあらって、きれいなじょうたいでもってきてください。

・おもちゃではないふようひんなどは、うけとれないこともあります。

・カードるいや、きちょうなもののかえっこはできません。

かえっこバザールについて

http://kaekko.exblog.jp/

………………………………………………………………………

■主催 TAEZ!(た・え・ず)

https://takearteazy.wordpress.com/

………………………………………………………………………

●イベントのワークショップに参加しよう!

「かえっこバザール」はポイント制で欲しいおもちゃと交換します。おもちゃを持ってくるとポイントがもらえます。また、同じ場所や近くで開催しているカーフリーデーや、濱の市などの催し物の出展団体のワークショップに参加すると、ポイントがもらえる仕組みになっています(催し物によって異なります)。ポイントを稼ぐためにいろいろなワークショップに参加して。好きなおもちゃをゲットしよう!環境問題の学習やアートなどについて、たくさんのチャンスやイメージを得ることができるよ!

●お父さん、お母さんへ

「かえっこバザール」は、アーティスト藤浩志さんが考案した子ども主体の「おもちゃ」の物々交換プログラムです。子どもたちが遊ばなくなったおもちゃを会場に持ってきてください。また、会場での楽しいワークショップで子どもたちの創造性を育みます。

………………………………………………………………………

0605-06forumかえっこリーフレット(PDF)ダウンロード

………………………………………………………………………

06/01 Media Cafe !!

来月開催される「市民創発・環境行動フォーラム2010」で生放送を行う横浜市民放送局が、これをきっかけに「誰もが主人公」の平たいメディアの輪を広げようと「メディアカフェ」をオープン。フォーラムへの参加と取材を実践的なワークショップととらえて、何ができるか考えます。

=====================================
Media Cafe -メディアカフェ-
横浜の情報発信をみんなで考える飲み&交流会
=====================================

今回のテーマは
6/5,6 環境行動フォーラムからの発信」を考える

横浜の情報発信を考える「メディアカフェ」はインターネットや
身近になった映像機器などを活用し、楽しく面白く横浜の今を伝える
を目的に、いろいろな人が集い、交流するカフェです。

こんな情報発信が楽しい、あんな面白いものがある、コレを活用できないか?
など、参加者同士が自由に発表、共有できるスペースにします。

今回は環境行動フォーラムの放送にどのようなことができるか、
意見を出し合ったり、連携することを考えたりとしたいと考えています。

日時:6月1日(火) 17時30分開場 18時スタート
場所:横浜市市民活動支援センター4階
地図:http://www.npo-c-city-yokohama.jp/access.html
参加費:200円(資料代、ソフトドリンク代)

プログラム:
・オープニング(10分) 今回の趣旨説明、会場説明
・メディア活動報告 (30分) 5~7分程度の説明
(横浜市民放送局、YNP、ChannelCream、野毛hana*hana、
PortSideStation、TAEZ!、市民メディア連絡会等)
・6月5,6日「市民創発・環境行動フォーラム2010」の紹介(10分)
横浜市環境創造局さんからの説明
・「市民創発・環境行動フォーラム2010」の番組企画 (40分)
番組企画、放送形態の検討 他イベントとの連携、多次元中継について
・交流タイム (10分)
・飛び入りライトニングトーク(20分) 活動報告、イベント告知、各種募集、など各5分
・クロージング

リーフレット

0605-06forumリーフレット(PDF)ダウンロード

6/5(土).6(日) 横浜市民放送局が生放送!『環境行動フォーラム2010』@BankART Studio NYK

forum-chirasi-omoteforum-chirasi-ura

←クリックで拡大

………………………………………………………………………

都市型エコライフスタイルのすすめ『市民創発・環境行動フォーラム2010』(横浜市環境創造局主催)を、横浜市民放送局が生放送します! 2F入口正面に設けたサテライト・スタジオを中心に、会場各地を結んで同時多元中継。参加したみなさんの声をお伝えします。

●生放送はこちら:横浜市民放送局 http://c-ty.jp/

「横浜市民放送局」は、Y150ヒルサイド参加をきっかけに生まれた市民放送局ネットワークです。2000年ころからそれぞれ活動を続けていた各地の「市民放送局」が集まりポータルサイトを作っているところです。横浜大さん橋たもとにある「象の鼻パーク」の目の前の古いビルの4階に、株式会社ポートサイドステーションの協力で放送スタジオを構え、横浜の今をさまざまな切り口でお伝えしています。

TAEZ!は、フォーラムの取材・放送と、「かえっこバザール」の開催、そしてマザーポート楽校の仲間の「環境+福祉、よこはまティーパーティー」も参加するので大忙しです。お手伝いしてくれる方大募集です!

●ご連絡はこちらまで:TAEZ!事務局 taez.office★gmail.com (★→@)

(放送orかえっこ、5日or6日のご希望を書いてお送りください)

Y150 Hill SideY150 Hill Side

………………………………………………………………………

市民創発・環境行動フォーラム2010参加のみなさまに横浜市民放送局からのお誘い

活動を発信しましょう!

会場に2日間に渡ってスタジオを設け、参加団体の取材・発信およびスタジオでのトークセッションを行います。取材希望があれば極力お受けします。生で放送したものでも録画でもインターネットにアップしますので、後々でも団体の宣伝に使うことができます。トークセッションでテーマを持って語りたい方も募集です。トークセッションもずっとネット上には残ります。取材を希望される団体、またはトークをやりたい団体は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。ご質問も歓迎です。(kabu★ops.dti.ne.jp 鏑木)(★→@)


………………………………………………………………………

『市民創発・環境行動フォーラム2010

環境月間のコアイベントとして『市民創発・環境行動フォーラム2010』が6月5日(土)・6(日)に開催されます。

開国博Y150ヒルサイドイベントで培われた市民力をさらに定着させ、発展させていくとともに、<環境に関心はあるけれどまだ行動には移していない人>や<環境にあまり関心のない人>も楽しむことができ、環境について<市民一人ひとりができること>に『気づき』、そして『行動』へと展開していくことを目的とした体験型イベントです。

ぜひご参加ください。

………………………………………………………………………

開催日時

平成22年6月5日(土) 10時~18時、6日(日)10時~17時

(*5日(土)は、19時~21時にグリーンドリンクス(エコな交流会)を開催)

会場

BankART Studio NYK 1~3階

(横浜市中区海岸通3-9、みなとみらい線馬車道駅徒歩4分)

………………………………………………………………………

主催

主催:横浜市環境創造局

共催:FMヨコハマ

協賛:キリン・トロピカーナ

………………………………………………………………………

主な内容

(1)市民活動団体、企業、大学・研究機関、行政などによる体験型展示コーナー

「くらしの中のエコ(地球温暖化や3Rなど)」「水の大切さを考える」「自然と生き物(生物多様性)」をテーマに、約50のブースが出展!

(2)横浜産の新鮮な野菜の直売・地場食材を使ったフードコーナー

(3)Fm yokohama 84.7「AIR CRUISE」公開生放送(6月5日(土)13:00~16:00)

(4)横浜環境活動賞 表彰式(受賞21団体/林文子横浜市長)(6月5日(土)13:30~)

(5)よこはま動物園ズーラシア 増井光子園長トークショー(6月6日(日)13:00~14:00)

(6)生物多様性リレートーク(6月6日(日)14:30~16:00)

海・京浜臨海部・動物園・・・横浜における生物多様性の様々な取組をリレー形式でご紹介。

………………………………………………………………………

問い合わせ先

環境創造局 企画課 環境活動推進担当

住所:〒231-0017 横浜市中区港町1丁目1番地

電話:045-671-2484 FAX:045-641-3490

Eメール:ks-06gekkancity.yokohama.jp (★→@)

………………………………………………………………………

*環境月間とは?

1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して、国連は6月5日を 「世界環境デー」として制定し、世界各国で様々な行事が行われています。我が国でも、環境基本法(平成5年) で6月5日を「環境の日」と定め、この日を含む6月を「環境月間」とし、国、地方公共団体等において、環境 保全の重要性を認識し、行動の契機とするため、各種の行事を実施しています。

横浜市でも、この環境月間を機に、市民、企業、学校、行政等があらためて環境問題について一緒に考え、 これからの行動につなげていけるよう、環境月間事業を実施しています。

………………………………………………………………………