トーキング&ウォーキング ~ヨコハマトリエンナーレをしゃべろう~   11月6日まで

 

ヨコトリ好き・現代アート大好きの私たちといっしょに
アート作品を見ておしゃべりしませんか。
おしゃべりしているうちに、なにか発見があるかもしれません。

◆10月22日(土) 13:00~ 15:30~ 【横浜美術館】

◆10月23日(日) 13:00~ 15:30~ 【横浜美術館】

◆10月29日(土) 13:00~ 【日本郵船海岸通倉庫(NYK)】

◆10月30日(日) 13:00~ 【横浜美術館】

◆11月3日(木祝)13:00~ 【横浜美術館】

◆11月6日(日) 13:00~ 【日本郵船海岸通倉庫(NYK)】

*作品の解説ではなく、作品を紹介しながら、会話を楽しみます。

*1回60分、10人程度。すべての作品のご紹介はできません。

*参加無料。ヨコハマトリエンナーレ2011入場券をご用意ください。

詳細、お申込みは、ブログをご覧ください。 http://artbird.exblog.jp/
申込は2日前の24:00までにお願いします。

主催:アートバード
(横浜トリエンナーレ2008でボランティアの担当した仲間が中心です)

OPEN YOKOHAMA 2011 参加事業

ヨコハマトリエンナーレ2011応援企画


広告

【動画追加】体験取材「ご近所映画クラブ」@CREAM 11月28日は100人で映画作り!?

「ヨコハマ国際映像祭2009 CREAM」の新港ピア会場で平日限定で行われている「ご近所映画クラブ」に参加しました。ビヨークやケミカルブラザーズのPVも手がけた映像作家ミシェル・ゴンドリー考案のメソッドにより、映画作り2時間半、上映会まで開催して合計3時間のワークショップです。

大阪のNPO「remo/記録と表現とメ ディアのための組織」の甲斐賢治さんの ファシリテートで行われています。最新情報では、11月28日(土)午前10時に集合した人全員が参加できるという、100人で映画制作プロジェクトが行われるようです。

参加は、横浜市在住の「あめちゃん」、デザイナーでTakeArtEazy!(TAEZ!)事務局長の高橋晃さん、木村静の3人。

4人以上のグルー プ参加が望ましいということでしたが、3人でなんとかやらせてもらえました…が、案の上、作業量と忙しさに息を切らしながら、やっと出来上がりました。作品は近日中にYouTubeにUPされるとのことで、このページでもお知らせしますのでおたのしみに。

まずは上の体験取材の映像をご覧下さい。

このワーク ショップは、事前申込み制ですが、4人以上のグループなら誰でも参加可能です。ワークショップ参加は無料。要CREAM入場券(当日券大人1300円。期 間中通しパスポート2500円)。

詳細はCREAMの「ご近所映画クラブ」のページを。
100人プロジェクトについてはまもなくCREAMウェブサイトにUPされるようです。

また、CREAMウェブサイトTOPはtwitterで自動更新される仕組みになっていて、CREAMの関係者だけではなく、参加者、入場者の感想 や、それにたいしてのスタッフの意見などで常に情報交換と発信が行われていて斬新です。

CREAMも残すはあと1週間。ぜひご注目ください。

【追記】

完成した映画がアップロードされました。


そのほかの参加グループによる作品もこちらのYouTubeチャンネルで見られます。
また、会期中平日開催のご近所映画クラブは満員御礼につき、「100人ご近所映画クラブ」についての詳細もこちらのCREAMラボスペースブログにUPされています。

第53回ヴェネチア・ビエンナーレ・リポート at ZAIM

日 時:2009年81日(土)15:00-

会 場:横浜ZAIM本館F交流サロン

231‐0021 神奈川県横浜市中区日本大通34

tel.045‐222‐7030 fax.045‐662‐0509

みなとみらい線「日本大通り駅」徒歩2分。

JR根岸線・横浜市営地下鉄「関内駅」徒歩5分。

__________________________________________________

報告者:森下泰輔、菅間圭子

コーディネーター:羽月雅人

__________________________________________________

森下泰輔による口上

世界の流れを知らないと、アートはわからない。 史上最年少ディレクター、ダニエル・バーンバウムは、今回のヴェネチアで、 ミニマル・アート回帰までを視野に入れた「純粋芸術」への模索を始めている。 象徴的だったのは、なんと何も描かれていないキャンバスを展示した日本の 「具体」吉原治良の作品だった。 バーンバウムはいう。「たとえ過去の作品であったとしても現在に関係してい ると考えられる作品を選んだ」と。

アートの未来は、過去の原理の有効性を踏まえてさらに展開していく、ということか。 その意味で2010年代のシーンを見据えた彼の感性はナルホドこしゃくでもある。 同時にこれは、1999年からのヴェネチア・ビエンナーレ10年に起こった「多文化 主義」「アジアン・アート」の流れが一応終息し、新たな段階に入ったことを意味する。

そんなヴェネチアの動向を超マジメに掘り下げる森下泰輔の帰朝報告は傾聴に 値する。

__________________________________________________

主催 銀座芸術研究所 

104-0016東京都中央区銀座7-3-6 洋菓子ウエスト2F   

tel.03‐5537‐542115:0020:00 mobile.090‐3803‐1989

http:// www.dig iart.tv

共催 アートコレクティブ・キメラ 未来芸術研究室  

後援 MACL

入場無料