横山和江写真展「横浜中華街の人々」と二胡演奏会

1

フォーラム南太田で、中国出身の写真家・横山和江さんによる写真展「横浜中華街の人々」が開催されています。
1/10は正午から40分程度のロビーコンサート。中国やモンゴル族の民謡や、祭りの曲など幽玄優美な8曲が演奏されました。
1/17には写真家トークが行われます。
詳細>>http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-p/p-seminar/search/detail/?id=4984

 

………………………………………………………………
横山和江写真展「横浜中華街の人々」
2015年1月10日(土)〜18日(日)
フォーラム南太田 めぐカフェギャラリー

………………………………………………………………
横山和江プロフィール
中国福建省出身の写真家。30歳。9歳の時に来日、横浜へ。横浜市中区在住。
和江の名は日本の「和」と中国の「(長)江」をとって、架け橋となる人にと日本の祖父がつけてくれた。横浜山手中華学校を卒業後、カリフォルニア州立大でフォト・ジャーナリズム・アート・演劇を学ぶ。かつて自分の遊び場だった中華街の路地裏や華僑の人々を、デジタルではなくフィルムカメラで撮影。

………………………………………………………………
「横山和江 写真展 ~横浜中華街の日々~」
https://takearteazy.wordpress.com/2014/08/02/yokoyama-kazue/

………………………………………………………………
■二胡演奏・銭詩韻:1月10日(土)12時~ 
司会:王慶紅  協力:みなみ市民活動・多文化共生ラウンジ

銭詩韻プロフィール
2000年生まれ。中学2年生。11歳まで中国に暮らす。6歳から二胡を習い、2011年北京で開かれた全国大会にて少年組で優勝。2014年、二胡の最高レベル・10級に合格。

………………………………………………………………

横山和江 写真展 〜横浜中華街の日々〜

Yokoyaka Kazue

中華街の爾麗美術でやっている写真展に行ってきた。画廊主が「味のある写真なので開催を決めた」と言っていた。最近の写真なのに懐かしい感じがする。モチーフが古い良い時代の文化を引き継いでいる人と町だからということもあるだろう。うかつにも気がつくのが遅かったのが、フィルムカメラで撮影してプリントした作品だった。今はデジタルカメラの方がはるかに性能はいいが、銀粒子の味はどうしても出せない。「味」はこれにも由来するのだろう。先月も山手の洋館で開催されていた写真展で、アナログプリントの作品が展示してあって、やっぱり惹き付けられた。

横山和江 写真展 ~横浜中華街の日々~

http://youtu.be/dCH2uMukqZE

……………………………………………………

2014年7月26日(土)~ 8月10日(日)

11:30~18:30(水曜休廊)

爾麗美術 Gallery NIREI ART

横浜市中区山下町214 TAOビル 2F

横浜中華街延平門(西門)通り中程

http://nirei-art.com

……………………………………………………

横山和江プロフィール

http://www.yokoyamakazue.com

中国福建省生まれ、9歳の時横浜へ移り住む。横浜山手中華学校卒業後、津田塾大在学中に米加州立大に留学、フォトジャーナリズム、アート、演劇を学んだ。現在は写真家助手を務めながら世界と横浜中華街の人々の写真を撮っている。

カメラは、ライカM3とローライフレックス、古いフィルムカメラを使っている。フィルム現像からプリントまで自身で行う。仕事ではデジタルをこなしているが、作品づくりはアナログにこだわっている。

……………………………………………………