3月4日 まだ名前のない放送局、JR桜木町駅前野毛地区インフォメーションセンターで試験放送

 

NOGE TV

JR桜木町駅改札口を出て右、「野毛地下みち」へ向かう角にガラス張りの「野毛地区インフォメーションセンター」。観光案内所として機能するこのスペースに、野毛の町の多様な魅力を伝える新しい試み、インターネット放送局開局のための試験放送が行われました。野毛地区の文化拠点「野毛Hana*Hana」と、市民メディアのネットワーク「横浜市民放送局」の共同プロジェクトとして1年がかりで計画してきたものです。

「野毛TV(仮)」試験放送

http://www.ustream.tv/recorded/13078678

第0回のゲストは、横浜シティガイド協会の嶋田昌子さん、俳優の天蝶二さん。特集は、ワシントンポトマック河畔の桜の物語を描いた映画「さくら・さくら」、そしてその桜の「里帰り」の事業について、お二人からとっておきの話が披露されました。続けて野毛エリアのさまざまな話題を映像で紹介、2時間があっという間の密度の高い番組になりました。

「野毛TV(仮)」では、駅前のサテライト・スタジオでの定例番組のほか、「野毛大道芸フェスタ」など様々なイベントの中継や、野毛地区の観光スポットや歴史、人物の紹介など様々な番組を提供する計画です。約300店舗の野毛の各店のコマーシャルも手作り感覚で順次制作して行く予定。

問合せ:野毛Hana*Hana <info★noge-hanahana.org> (★→@)

 

……………………………………………………………………………………………

 

「野毛TV(仮)」試験放送

2011年3月4日 桜木町駅前野毛地区インフォメーションセンター

 

19時~オープニング MC:木村静 放送局の紹介、番組名募集。

19時10分~特集  春だ桜だお花見だ

特集その1 シドモア桜を横浜へ ゲスト:横浜シティガイド協会の嶋田昌子さん

映画「さくら・さくら」撮影秘話 ゲスト:俳優の天蝶二さん 予告編も

特集その2 野毛お花見ガイド

昨年の野毛地区のお花見映像をみながら

掃部山公園、野毛山公園、伊勢山皇大神宮、大岡川、etc

19時40分~定番情報コーナー

○野毛山動物園便り 3日に撮影録画 動物の赤ちゃん

○野毛にぎわい座より

○ライブハウスの出演ミュージシャン 遠峰あこさん YouTUBE映像から

○こんなお店が 木村屋ベーカリー 池田みどりさん 録画映像をみながら

○イベント紹介 ミニバーで写真展 moimoi さん

20時10分~横浜お出かけ情報

ヨコハマ経済新聞ピックアップコーナー アルルさん

崎陽軒弁当「横濱三塔物語」を食べてみよう etc

20時30分~スタジオ飛び入りコーナー 視聴者の質問に答えるコーナー

クロージング

……………………………………………………………………………………………

 

12/05 かえっこバザールin野毛大道芸フェスタ

12/5かえっこバザールin野毛大道芸フェスタ

チラシ裏面

「クリスマスツリーinヨコハマ」ツアー第2弾はご存知「野毛大道芸フェスタ」に参加です。野毛の町をカーフリーにして、大道芸の数々をはじめ、三崎の新鮮な魚の朝市や鯨の試食会、フリマ、手作り市場など盛りだくさん。なんとサンバカーニバル優勝チームがかえっこのとなりらしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

かえっこバザール「こどもスタッフ」ぼしゅう!

かえっこでおみせをやろう! すたっふはかえるポイントがもらえます。

◉こどもすたっふのしごと

・かえっこバンクでおもちゃのねだんをつけて、スタンプをおす。

・ショップコーナーでおもちゃに、ねふだシールをはる。

・レジコーナーでおもちゃとポイントのこうかんする。

・おもちゃのぶんるい、おもちゃをみがく、ごみひろい、などなど。

もうしこみさき:  kaekko.yokohama★gmail.com (★を@にかえっこしてね)

・・・・・・・・・・・・・・・・

イベントの様子はHana*HanaTVと横浜市民放送局が生中継します。>>http://www.ustream.tv/channel/nogehanahana

・・・・・・・・・・・・・・・・

4.17-18ヨコハマ大道芸・象の鼻パーク特設会場

4月17日(土)、18日(日)の二日間、恒例のヨコハマ大道芸と吉田町アート&ジャズフェスティバルが開催されます。みなとみらい21、象の鼻パーク、イセザキモール1・2・3st.ではサーカスや大道芸が、吉田町ではアート&ジャズフェスティバルが賑やかに行われます。

ヨコハマ大道芸2010
4月17日(土)、18日(日) 11:30頃~17:00頃
みなとみらい21会場、象の鼻パーク会場、イセザキモール1・2・3st.
同時開催 吉田町アート&ジャズフェスティバル
※詳しくはヨコハマ大道芸公式サイトで → コチラ

入場無料・投げ銭をお忘れなく!!

今年から新しく加わった象の鼻パーク会場をピックアップしてご紹介。
(以下、ヨコハマ大道芸公式サイトより)

『1866年、横浜港から民間初の海外渡航をしたのは大道芸人でした。』

開港150周年を記念して昨年リニューアルオープンした象の鼻パークは、横浜港発祥の地。また、日本のサーカスや大道芸の歴史を語る上でもたいへん貴重な場所です。 開港まもない一八六四年に横浜の外国人居留地(関内)で米国人興行師リズレーが、日本初の西洋型サーカスを行いました。そして、一八六六年、三〇〇年の鎖国ののち、幕府から民間人初となる海外渡航旅券を手にして横浜港から海を渡った多くは、奇術や曲芸、軽業などの大道芸人たちだったのです。彼らは翌年開催のパリ万国博覧会でにぎわうフランスでのサーカス興行を目的としてヨーロッパとアメリカを顔見せ興行的に巡業し、行く先々で熱狂的なジャパン旋風を起こします。この成功譚が日本にもたらされると、さらに多くの日本の芸人が日本の芸能文化を背負い海を渡るきっかけとなったのでした。幕末から明治にかけて、象の鼻パーク周辺は、国際的な芸能の交流地点であったのです。

ゼッタイおすすめ!スペシャルプログラム
11:30 ~12:00 スペシャルサーカス 『海を渡ったサーカス芸人』

幕末から明治にかけての象の鼻バーク周辺が世界のサーカス芸の交流地点であった歴史をふまえ当時の「海を渡った日本の芸」と、いま現在海外から日本に流入している「フレッシュな芸」ミックスしたサーカス仕立てのスペシャルショーを、特別企画として象の鼻パーク出演者全員参加で行います!!
今回出演する江戸太神楽の丸一仙翁親方の先々代第十代家元の鏡味仙太郎氏は明治期に海外のサーカス団に雇われ大好評を得たと言われています。日本を代表する江戸太神楽の曲芸を、お囃子の生演奏とともにお楽しみ下さい。 丸一朱仙、海を渡った曲芸の中でも欧米の人々の目を見張らせた芸が曲独楽でした。 軽業師大助は日本の伝統衣装で日本古来のスタイルの綱渡りを復活させています。 初出演のデュオアビマノーラはウクライナサーカス学校出身のフレッシュコンビ。 まろはヨーロッパ各国のサーカス学校で学んだのち2006年文化庁の留学生としてドイツで研修した芸術的なジャグリングをご堪能下さい。 このサーカス団をとりまとめる団長はコメディーに定評があるニューヨーカー、デビット・ラムゼイ氏が勤めます。 愛のある団長でいられるのか?ムチをふるう鬼の団長となるのか?お見逃しなく!

12:00 ~16:30 ヨコハマ大道芸2010 in 象の鼻パーク特設会場
出演者:丸一仙翁社中(江戸太神楽・獅子舞)、丸一朱仙(曲独楽/18日のみ)、軽業師 大助(箱枕の芸・綱渡り)、デビット ラムゼイ(エンターティナー)、Duo・Abimanola(ハンドアクロバット)、 まろ(ジャグリング)

横浜港発祥の地「象の鼻パーク」でサーカスと大道芸をお楽しみ下さい!
※↓ダウンロード(PDF) 象の鼻パークチラシ(出演者、タイムスケジュール入)
zonohanapark1