2/5『みんなでつくる市民活動ガイド』出版記念シンポジウム

>> 生中継番組はこちらから

3年前の2009年1月24日、横浜の市民活動で得難いキ-パーソンであった原聡一郎さんが48歳の若さで急逝しました。原さんと活動してきた私たちは、原さんの追悼の意味も込めて本を出版いたしました。「記録されないものは記憶されない」と考えたからです。

前半と後半に分かれ、前半は「ボランティアとコミュニティ・ビジネス」や「シンポジウムを運営する」などの市民活動の一般的なガイドであり、後半は「原聡一郎さんと市民活動」と題して原さんが参加してきた活動を紹介しながら市民活動での「勘所」を述べています。

収益は、この市民活動ガイド、さらには横浜の市民活動そのものを発展させるために使う所存です。その気持ちを込め、出版の主体として「みんなで作る市民活動ガイドを育てる会」と名乗らせていただくことにしました。この本が版を重ねるごとに、横浜の市民活動についてより多くの物語をこの本に記録し、記録する過程でつながりをふやしていきたいと思っております。

そのような「つながり」を作っていく機会として、出版記念シンポジウムを企画しました。原聡一郎さんの死後3年で世の中がどう変わり、市民として何が達成できて何が達成できなかったか、それを踏まえて市民活動と市民メディアのすべきことは何か、などを話し合いたいと思います。ふるってご参加ください。

(電子出版です。次のURLで入手できます。http://p.booklog.jp/book/15637

(表紙は横浜トリエンナーレ2008サポーターのワークショップ「トリニナーレ」でつくられた個性的なトリたちです)

……………………………………………………………………………………………

『みんなでつくる市民活動ガイド』出版記念シンポジウム

◆日時 : 2012年2月5日(日) 13:30-16:30

◆場所 : 横浜市市民活動支援センター4F ワークショップ広場

◆内容 : 出版報告、昨今の電子出版の状況 横浜市民メディア連絡会代表 和田昌樹

有志による座談会

ご来場の方々との自由な意見交換

◆主催 : みんなでつくる市民活動を育てる会(事務局:横浜市民メディア連絡会)

【この件の問合せ先】kabu★ops.dti.ne.jp (★→@) TEL : 090-6114-3525(鏑木:かぶらぎ)

>> 生中継番組はこちらから

>> こちらからリーフレットをダウンロードしてください

……………………………………………………………………………………………

「みんなでつくる市民活動ガイド」
発行日:2012年1月24日
編集・発行:みんなでつくる市民活動ガイドを育てる会・横浜
(旧原聡一郎追悼本出版発起人会)
電子書籍発行管理:横浜市民メディア連絡会
判型・仕様:ePub形式(33MB)
定価:499円(税込み)
配布:http://p.booklog.jp/book/15637

内容:

[第1部 みんなでつくる市民活動ガイド]
第1章 ボランティアとコミュニティ・ビジネス
第2章 ネットワークの広げ方
第3章 イベントのコーディネート
第4章 シンポジウムを運営する
第5章 市民活動とプロジェクト・マネジメント
第6章 NPOの作り方
第7章 一人ひとりが生き生き活動するために
第8章 市民活動を展開する前に考えておきたいこと

[第2部 原聡一郎さんと市民活動]

1987年 情報誌「ぱど」〜2011年 晩秋の市民メディア状況

[座談会]横浜市民メディア連絡会有志座談会

かえっこバザールありがとう

ポートサイドで3週目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  

 

10月11日。盛大なポートサイドアート縁日といっしょに おまつり会場のはじっこで

のんびりの かえっこバザール でした。

毎週はりきってご来場の親子のみなさん、働くスタッフ、ボランティアのみなさん

ありがとうございました。おつかれさまでした。

夕暮れ時のスタッフ、先頭は小さなスタッフ

来場者は数え切れないですが、スタッフは3回でのべ50人を上回ったのではないかと思われます。

環境に貢献、家計に貢献、気持ちのやりとりもでき、童心にかえれて(いつもか?)、

健康にいい活動ってなかなかないです。

なにより こどもたちの笑顔をみていると、ほかほかしたきもちになります。6歳のちいさなスタッフも登場! かえるスタンプを押してくれました。

おもいでえにっきコーナー

「バイバイおもちゃくん、絵日記」は2回で約60枚があつまり、

おもちゃにつけてもらわれて いきました。

 

 

 

 

日記のヒットは数々あれど、

「だいすきなプーさん げんきでね」とか 「むすめがねってるところ」(寝てる か?) とか

だいすきなぷうさんげんきでね

むすめがねってるところ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カワイイ、オモシロイ!! なごむー。。。

ただいまオークション中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして なんとオークション後にお宝おもちゃが発見されました。たーいへん。

みなさん、11月にまたポートサイド地区で行うもようです。またお会いしましょう!

       (どうやって知るの? というもっともな声も・・・)

ついに完成! 横浜トリエンナーレ2008市民報告書「アートボランティア横浜スタイル」

アートボランティア横浜スタイル
アートボランティア横浜スタイル

横浜トリエンナーレ2008ボランティア、サポーター、周辺アートイベントの全記録。

創発性と多様性が「横浜スタイル」です。

横浜トリエンナーレ2008の特徴は、さまざまな話題を集めた本展の内容とともに、周辺に広がった、そして地域で積み重ねられてきた連携アートイベントの層の厚さでした。本書は200人以上のボランティアの生の声をはじめ、自主的に参加したサポーターや関連企画の活動を網羅した「公式」ドキュメントです。市民発のトリエンナーレ・レポート、全国に先駆けてヨコハマから発信します。

5月27日からZAIMにて先行販売、

6月から全国有名書店で発売開始です。

インターネット書店amazonでもどうぞ

http://www.amazon.co.jp/dp/4568503957/

_______________________

アートボランティア横浜スタイル

横浜トリエンナーレ2008サポーターとボランティアの活動記録

● 内容

横浜トリエンナーレ入門/ボランティアの一日/ボランティア、サポーター活動の記録/ボランティア、サポーターインタビュー・座談会/アンケート集計/キッズキュレターズ/本展関係者インタビュー/応援企画、周辺アートイベント/地域力とトリエンナーレ

● 発行 株式会社美術出版社

● 企画・編集 横浜トリエンナーレ2008サポーター報告書プロジェクト

● 著作・編集 財団法人横浜芸術文化振興財団

● 協力 横浜トリエンナーレ組織委員会

● 判型 B5判 160ページ

● 定価 1000円(税込)

● ISBN978-4-568-50395-1

● お問い合わせ

〒231-0012 横浜市中区日本大通34 ZAIM

財団法人横浜市芸術文化振興財団

横浜創造界隈【ZAIM】マネージャー:鈴木

Tel. 045-222-7030 zaim@yaf.or.jp

_______________________

『アートボランティア 横浜スタイル』

出版記念パーティ

_______________________

日時:6月6日(土) 18:00から

会場:ZAIM Cafe(ザイムカフェ)

みなとみらい線「日本大通り駅」徒歩2分 JR「関内駅」徒歩5分

ゲスト:水沢 勉(横浜トリエンナーレ2008総合ディレクター)

大巻伸嗣(横浜トリエンナーレ2008参加作家)

会費:3300円 (申込は上記お問合せ先まで)

Y-StyleReaf2リーフレット(PDF)

(高橋)