ヨコハマトリエンナーレ2011 の作品&関係者へのインタビューなどを取り上げた番組 「トンチキカフェ」映像を公開中!

2008年 横浜トリエンナーレ開催時、公式ポッドキャスティングラジオ番組「トンチキカフェ」が、3年ぶりに復活し、ヨコハマトリエンナーレ2011の作品&関係者へのインタビューの映像が現在公開中です。

トンチキカフェ番組のURLは、

www.tonchiki.info

番組では、島袋 道浩氏の≪ハムはできるか? 復興と発酵≫2011 をはじめ、カールテン・ニコライの≪autoR≫2010/2011  ,  冨井元裕氏の≪Goldfinger≫2011,  ≪天井≫2011,    ウィルフレド・プリエトの≪One≫2008 ,   ヘンリック・ホーカンソンの≪根の付いた木≫2010/2011,  岩崎貴宏氏の≪Out of Disorder (Cosmo  World)≫2011などの作品を取り上げています。

【番組の主なタイトル】

「ヨコハマトリエンナーレ2011」スタート! 「人間の偉大な力」

http://www.tonchiki.info/article/232535934.html

「OUR  MAGIC  HOUR-世界はどこまで知ることができるか?-」

http://www.tonchiki.info/article/231358563.html

「えっ! こんなところに作品が・・・」

http://www.tonchiki.info/article/232677655.html

「ステッカーを貼り付けて作品創りに参加しよう!」

http://www.tonchiki.info/article/232532004.html

「よく考えたら、わかったぞ!」

http://www.tonchiki.info/article/233122961.html

「遠くから・・近くから・・見つめてみよう」

http://www.tonchiki.info/article/232690952.html                                                   

「トンチキカフェ 2011」 パーソナリティ 新川 貴詩 氏 & charmie chiharu

突撃インタビュー!

本展関係者の逢坂 恵理子氏、小椋路子氏、出品作家の岩崎貴宏氏、八木良太氏、泉太郎氏、新・港村へ出展の村上タカシ氏、山出淳也氏、レセプション参加者の小山富美夫氏、内覧会参加者の堀浩哉氏。

逢坂 恵理子氏

http://www.tonchiki.info/article/230442920.html

小椋 路子氏

http://www.tonchiki.info/article/232609206.html

岩崎 貴宏氏

http://www.tonchiki.info/article/230475439.html

小山登美夫氏

http://www.tonchiki.info/article/230476404.html

八木 良太氏

http://www.tonchiki.info/article/230477228.html

泉 太郎氏

http://www.tonchiki.info/article/230477699.html

村上 タカシ氏

http://www.tonchiki.info/article/230476578.html

山出 淳也氏

http://www.tonchiki.info/article/232616669.html

堀 浩哉氏

http://www.tonchiki.info/article/232618449.html

GUEST ヨコハマトリエンナーレ2011 総合ディレクター 逢坂 恵理子 氏 

【チャーミーからのメッセージ】

今回の「ヨコハマトリエンナーレ2011」をまだ鑑賞されていない方は、ぜひ番組を参考にしてくださいね☆

既に鑑賞された方は、作品を思い出したり懐かしんだり、本展を振り返る際に役立てたり、ご活用下さいね!

「ヨコハマトリエンナーレ2011」記者会見 開幕! 紡ぎだそう、独自のストーリー

2011年8月5日(金曜日)「ヨコハマトリエンナーレ2011」記者会見が、横浜美術館にて14:00~15:00 行われた。関係者、登壇者のコメントから、本展開催への特別な思いや喜びが伝わってきた。

同日、内覧会とレセプションも開催され、プレス関係者、招待客など多くの方で各会場はにぎわった。

Ugo RONDINONE 《Our Magic Hour》2011


総合ディレクター 横浜美術館館長 逢坂 恵理子氏】

震災後の厳しい時期であったが、多くのアーティストに素晴らしい作品を出品して頂くとともに、多くのスタッフが「ヨコハマトリエンナーレ2011」の実現に向け尽力し、本展の開催ができた。感無量である。

展覧会タイトル「OUR MAGIC HOUR-世界はどこまで知ることができるか?-」は、この時期にふさわしいタイトルになったのではないか?

私達人間の力では掌握できないような世界の奥深さを前にして、謙虚な気持ちで世界に対して何ができるか? 人間として何ができるか? 国際展である本展を通して感じとってほしい。


【アーティスティック・ディレクター 三木 あき子氏】

横浜美術館のコレクションである近代絵画や浮世絵など歴史的な作品、妖怪グッズなど制作年代・素材の異なる多種多様な作品を展示している。屋内外77組のアーティストが参加、作品総計300点以上となった。

自由に創造力を働かせて、なぜ、この作品の横にこの作品があるのだろう?と考えつつ、独自の展覧会のストーリーを紡ぎ出してほしい。

東日本大震災後、ジュン・グエン=ハシツバ氏、オノ・ヨーコ氏、安部泰輔氏、島袋道浩氏、岩崎貴宏氏、荒木経惟氏をはじめとする 多くのアーティストによる新たなプランの提示があった。作品を通してメッセージを伝えたいという熱い思いが込められている。

荒木氏の《被災花》という作品は、震災により家を無くし避難所で過ごすおばあちゃんと孫娘に捧げる花である。


【クリスチャン・マークレー氏 / Christian  MARCLAY 1955年 カルフォル二ア州サンラファエル(アメリカ)生まれ】


1987年から来日しているが、2011年に日本で起きたことを考えると、特別なときに日本を訪問しているという感慨深い思いがある。


【イン・シウジェン氏 / YIN  Xiuzhen 1963年 北京(中国)生まれ】

本展を通して、多くのアーティスト・作品に出会えることを楽しみにしている。

本展は、様々な異なる認識が集まっているが、世界を知れば知るほど、世界の認識が欠けていることを私達は認識するのではないか?

会場で、「MAGIC HOUR」をみなさまが経験することに感謝している。


【田中 功起氏 / TANAKA  Koki 1975年 栃木生まれ、ロサンゼルス在住】

本展は、日本人作家が多く複数のジェネレーションが絡み合っている。

自らの活動を信じてきた粘り強い日本人アーティスト達が、本展に参加していることが従来の展覧会との違いである。

震災と原発事故の後で、僕たち一人一人が別な意見をもち、立ち上がらなければならない今の日本の現状は、現代美術にも当てはまり、自らの立場をもう一度見直すべきである。本展は、このことについて考えるためのヒントが十分提示され、そこに希望を見いだすことができる。展覧会を楽しんで欲しい。


【質疑応答】

Q: なぜ、この作品名を《タイム・ウオッチ》でなく、《CLOCK》とつけたのか?

A(クリスチャンマークレー氏):    作品名・タイトルは2次元的なもの。CLOCK は、パブリックな意味があり、TIME ・時間というと、一般的すぎるため。

Q : 作品の夜の時間帯は、いつ鑑賞できるのでしょうか?

A(クリスチャンマークレー氏): 各地とも、会期中に特別上映として1日のみ24時間上映されてきたが、現在は東日本大震災の後ということもあり、節電対策がとられ未定である。

A(逢坂 恵理子氏):会期中、10月以降、夜及び早朝に本作品を上映できればと考えている。ご期待ください。

Q : メイン会場に横浜美術館が選ばれたプロセスについて教えてほしい。

A (逢坂 恵理子氏) :   2009年、4月に横浜市としては、第4回ヨコハマトリエンナーレを横浜美術館を会場にして行いたいという意向があった。過去の横浜トリエンナーレの会場が毎回異なっていたので、会場のイメージを固定化する横浜市の意向に賛同した。

Q :横浜美術館の所蔵作品のコレクションを展示する手法が、本展の大きな特徴であるが、こういった展示手法が本展にどのようなインパクトをもたらしたか?

A (三木あき子氏): 横浜美術館は現代美術を専門にしている美術館ではない。多くの国際展では、新しい発見・旬のアーティスト達・新作にこだわる傾向があるが、いま一度新しさとは何か?を問い直してみたかった。美術館所蔵コレクション作品と現代美術作品を組み合わせて展示することにより、年代ものの名画が新しさを増し、新しい解釈が生まれるのではないか? との考えをベースに、現代美術作品はじめ異なるジャンルの作品・妖怪グッズをいれた形にした。

Q:国際交流基金が抜け、主催者に枠組も変更になった。5月26日の記者会見で、林市長がナショナルプロジェクトとしての継続性を意識したいと述べられたが、ナショナルプロジェクトとしての意識を展覧会に関わる方達が持っていたのか? 具体的な計画等教えてください。

A (逢坂 恵理子氏) :  今回は、本当の意味で本展にとって分岐点になったと思う。新しい視点・海外の方に日本の作家を紹介することを軸とした展覧会構成である。国際的な視点・ナショナルプロジェクトということよりも、ヨコハマトリエンナーレを通して、「日本」を多くの人に知ってもらいたい、海外の優れた作品を国内外の方々に知って頂きたい、そのことを継続して考えていきたい。

A (三木あき子氏) :  本展開催にあたり。国際性を問い直してみたい考えがあった。 国際展の方向性として、海外の作家を紹介するだけでなく、日本の作家も海外に発信する必要性を感じ、前回と比較すると多くの日本人作家の方にご参加頂いた。


<【感想】記者会見&内覧会に参加! 「ヨコハマトリエンナーレ2011」に思うこと>

まちにまった「ヨコハマトリエンナーレ2011」がスタートした。

聞こえてきそうな生命の鼓動、思わず笑みがこぼれる巧妙な仕掛け、 未来への大いなる希望 ・夢あふれる遊び心満載の空間、はかない瞬間の視覚化、テクニックを駆使しての挑戦 - 数々の素晴らしい作品に胸を踊らせときめきくとともに、その素晴らしさ故に時に絶句し、感嘆した。

来場者には、アーティスト魂かけて制作された作品に込められた作家達の思いを感じ、展示構成に着目しながら、ぜひ、ひとつひとつの作品をじっくりと鑑賞してほしいと切に願う。

東日本大震災と原発事故という二重のカタストロフィー(大災害)は、私達がそれまでもっていた価値観や人生観・世界観を変えた。このカタストロフィーは、私達にあらためて自己の存在の意味を問い、世界・時間との関わり、生と死について考えさせ、かつて人間文化の起源が自然との歩みから生まれた「無」の世界の内にあったこと、そしてそれは、芸術の原点であり芸術の根源的本質であることに気づかせた。

このことは、本展が私達に投げかける根底の問いに結びつくとともに、作品を読み解くことにつながるといえよう。

また、本展に横浜美術館収蔵作品を取り入れた試みにも着目したい。本展に来場する人々が芸術における財産ともいうべき、有名作家の優れた作品に触れる絶好の機会であるとともに、収蔵作品に新たな解釈や視点を盛り込み見解の多様化を示唆したと云え、その意義はとても大きい。今後の横浜美術館のコレクションの収集、収蔵作品の研究・学術的調査にも大きく影響を及ぼすであろう。

本展をどのようにアーカイブしていくのか? 横浜美術館コレクションに本展作品が加わることがあるのか?  本展終了後の動向にも着目するとともに、期待したい。

「ヨコハマトリエンナーレ2011 」11月6日まで開催!

期間中行われる講演会・イベント・連携プログラムにも、ぜひ、参加して本展を思う存分楽しみたい。

レポート・写真; チャーミー(梶原 千春)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【「ヨコハマトリエンナーレ2011」記者会見】

2011年8月5日(金曜日) 14:00~15:00

横浜美術館 (神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1)

【「ヨコハマトリエンナーレ2011」内覧会】

2011年8月5日(金曜日) 13:00~18:00

会場:横浜美術館、日本郵船海岸通倉庫、ヨコハマ創造都市センター

【「ヨコハマトリエンナーレ2011」概要】

タイトル:「ヨコハマトリエンナーレ2011

OUR MAGIC HOUR -世界はどこまで知ることができるか?-」

総合ディレクター:横浜美術館館長 逢坂 恵理子

アーティスティック・ディレクター:三木 あき子

会期:2011年8月6日(土)~11月6日(日)

(休館日:8月、9月の毎週木曜日、10月13日(木)、10月27日(木))

会場:横浜美術館、日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)、

その他周辺地域

開館時間:11:00~18:00 (入場は17:30)

主催:横浜市・NHK・朝日新聞社・横浜トリエンナーレ組織委員会

特別連携プログラム:BankART LIFE Ⅲ(新港ピア)、

黄金町バザール2011(黄金町エリア)

前売券発売期間:2011年6月1日(水)~8月5日(金)

全国のプレイガイド、コンビニエンスストアで発売中

入場料:<お得なセット券>特別連携セット券

・前売券 一般 1,400円 大学・専門学校生 900円 高校生 400円

・当日券 一般 1,800円 大学・専門学校生 1,200円 高校生 700円

<ヨコハマトリエンナーレ2011>

・前売券 一般 1,200円 大学・専門学校生 700円 高校生 300円

・当日券 一般 1,600円 大学・専門学校生 1,000円 高校生 600円

                                                

【関連サイト】

「ヨコハマトリエンナーレ公式サイト」

http://yokohamatriennale.jp/    

 

              

「ヨコハマトリエンナーレ2011」第3回記者会見[1] 大きな愛を届けたい、アートの力を新たな希望の架け橋に

「2011年5月26日(木曜日)「ヨコハマトリエンナーレ2011」第3回記者会見(開催概要・展覧会コンセプト・参加作家発表)が、スパイラルホール(東京都港区)にて、10:30〜12:00 で行われた。

2011年3月11日、午後3時から予定していた東京での第2回記者会見は、未曾有の東日本大震災により中止となったこともあり、今回の第3回の記者会見は、実質的に東京で行われる初めての会見でもあった。                    

前列:岩崎 貴宏,  横尾 忠則      後列:逢坂 恵理子,  林 文子,  三木 あき子(敬称略)
                                   
【横浜トリエンナーレ組織委員会会長 横浜市市長 林 文子氏】

過去のトリエンナーレの歴史を引き継ぎながら、文化庁の国際芸術フェスティバル支援事業のナショナルプロジェクトとして位置づけられた今回の展覧会をこれまで以上に磨きをかけて作りあげていきたい。
みる・つくる・学ぶということにバランスよく力をいれている、横浜を代表する拠点である横浜美術館に、トリエンナーレ作品を初めて展示できることや現代アートの拠点である日本郵船海岸通倉庫(BankArt Studio NYK) の倉庫空間を生かしダイナミックに作品を並べることに期待するとともに、創造界隈拠点等で開催されるアートプロジェクトと連携をとりながら、まちじゅうでアートイベントを開催し、「OPEN YOKOHAMA 2011」とともに、トリエンナーレに来場した方達に様々な横浜の楽しみ方を提案していきたい。


【総合ディレクター 横浜美術館館長 逢坂 恵理子氏】

今回、タイトル「OUR  MAGIC  HOUR −世界はどこまで知ることができるか?−」の通り、時間を超え時間をつなぐ展覧会であるとともに、現代アートだけでなく幅広い分野の作品を同時に展示するというめずらしい試みも三木氏と一緒に構築してきた。横浜美術館・日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK) と様々な拠点をつなぎ、横浜で活躍しているNPOの方々・大学・市民と恊働でネットワークをつくっていきたい。現代美術のもつ柔軟な視点や想像力から生まれる刺激といったものが、震災後の現在の状況を打開し、新たな一歩を踏み出す力になること、また、世界の多様性や人間の複雑さ、そして、素晴らしさを伝える非常に稀有な機会になることを願っている。


【アーティスティック・ディレクター 三木 あき子氏】

展覧会タイトル「OUR MAGIC HOUR −世界はどこまで知ることができるか?−」は、科学の進歩や理性で、果たして世界は知ることができるのであろうか? 科学や理性で解き明かせない世界や日常の不思議、魔法のような力、超自然現象や神話、伝説、アニミズム等に目を向け、さらなる可能性を求めて、謎や矛盾を柔軟にとらえようとする姿勢が必要なのではないか? 不安で先行きのみえない現代だからこそ、好奇心・柔軟性・想像力を働かせながら、視点を変えて、環境や時代・人間存在の深い部分を改めて模索していくことにつながっていく、そういったことが背景にある。
展覧会タイトルにもなったウーゴ・ロンディーノーネ(1963年、スイス生まれ)の《OUR MAGIC HOUR》は、<いつもはみえないものが、視点を変えれば、魔法のようにみえるかもしれない>といった虹のようなネオンサインの作品で、我々の誰の何の時間なのか? と問いかけながら、時空間を超えた鑑賞への旅へと誘いこむ、横浜美術館の屋上に設置される予定だ。


【質疑応答】

Q 従来、横浜トリエンナーレは市民恊働の形をとってきたが、今回そのことについて紹介がなかった。こうした事業について、どういう風にお考えなのかお聞かせ願いたい。

A 横浜トリエンナーレ学校やハシツバさんのプロジェクトなど、市民の方々に参加して頂く。さまざまな場面で市民が関われるように、市民との連携や市民恊働をすすめながら、オープンヨコハマや黄金町バザールなど都心部を中心としたイベント等で、まち全体を盛り上げていきたいと考えている。


Q 毎回課題となっているアーカイブであるが、今回どのようなアーカイブ対策を打ち出すのか?

A 横浜市中心となって事務局を運営し、アーカイブをしっかりやっていきたい。公立美術館である横浜美術館が主会場になることで、アーカイブ化についても一歩前進したと思っている。


Q 国際交流基金からの資料をいかしたアーカイブが行われているか、展覧会終了後、チェックすることを林市長はお約束できますか?

A しっかり受け止めたい。ちゃんとした組織体制をつくっていくことは、私達の目標でもある。横浜トリエンナーレのいろいろな課題をひとつひとつ固めていきたい。



* 参加作家・登壇者に関する記事、作品等に関する質疑応答は第3回記者会見[2]に、別途記載します。


<記者会見に参加して>

3.11の東日本大震災の発生以降、外国人の方が日本に来られない状況があり、国際展としての成立が危惧されていたが、国内外の出品作家から、「こういうときだからこそ! ぜひやりたい!」「横浜のため、日本のため、元気になるためにやろう!」「当初の出品予定作品を変更して、震災から受けるイメージをもとにした新たな作品づくりをしたい!」との声が次々と寄せられ、出展を決めた作家や作品制作に取り組んでいるというエピソードが披露された。政府予算の「元気な日本復活特別枠」にトリエンナーレが入ったこと、節電対策のため、会期期間中の休場日や時間変更など、震災の影響による数々の変更と出品作家の意欲的かつ情熱あふれるアーティスト魂を大いに関係者達が感じていることが伝わってきた。
多くの展覧会が延期・中止・縮小を余儀なくされている中、予定通り8月6日〜11月6日の期間開催や特別プログラム・各種イベントが実施されることは、主催はじめ関係者の並々ならぬ意気込みと尽力があったことを想像させ、感じさせる記者会見であった。

会見の中で、トリエンナーレならではの特徴でもある市民恊働・サポーター(5.26現在、登録者546名)との連携やトリエンナーレ学校の運営もすすめられているとのコメントがあった。
トリエンナーレの特徴は、市民恊働・サポーターや地域コミュニティが自主的に且つ時として意図的に、楽しみながら展覧会に関与することでもあると思う。
ぜひ、トリエンナーレの過去の蓄積をふまえ、主催者・関係者・NPO・市民団体・地域コミュニティ・市民・トリエンナーレを愛する全ての人達、みんなで相互に協力しあい、連携をとりながら、トリエンナーレを盛り上げていくこと、また、そのための仕組みづくりや多くの方が参加できる機会とコミュニケーションが図れる場を設けていくことが早急に必要なのではないかと考える。

待望されていた、横浜美術館の関与は、美術館主導の国際展覧会として新たな展開が期待されるとともに、これまでの課題でもあったアーカイブ問題の解消、国際交流基金から過去のトリエンナーレ関係資料の引き継ぎを意味し、リアルにひとつ前進できるのではないか?
美術館の存在意義、役割として、近年、地域文化の形成や地域の経済効果・まちづくり・市民の自己発見・自己実現のサポートになるような連携や活動が求められている。こういった側面からも、第4回にして初めて、横浜美術館館長である逢坂恵理子氏が総合ディレクターとして就任し、新会場に横浜美術館が加わったことの意義は、大変大きくその動向へは並々ならぬ注目と熱い視線が投げかけられていると思う。

現在、64組の作家、横浜美術館コレクションの7点、個人コレクションと多種多様な作品による、意外な遭遇と出会いの仕掛けにあふれた展示構成は、私達に思わぬ解釈を与え、自由な鑑賞を与えてくれるだろう。

98%の内容が固まりつつあるトリエンナーレ!! 開催まであと約2ヶ月、大いに期待したい!! 
 
 レポート:チャーミー(梶原 千春) 写真:はしもと のりこ
                                   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  
【「ヨコハマトリエンナーレ2011」第3回記者会見】

2011年5月26日(木) 10:30~12:00

スパイラルホール3F (東京都港区青山5-6-23)

当日は、USTREAMによる生中継が行われた。
 
<ヨコハマトリエンナーレ2011第3回記者会見資料>


【「ヨコハマトリエンナーレ2011」概要】
                                                                                                                           タイトル:「ヨコハマトリエンナーレ2011
      OUR MAGIC HOUR -世界はどこまで知ることができるか?-」

総合ディレクター:横浜美術館館長 逢坂 恵理子
                                                                                                              
アーティスティック・ディレクター:三木 あき子

会期:2011年8月6日(土)~11月6日(日)
                                                                                                              
(休館日:8月、9月の毎週木曜日、10月13日(木)、10月27日(木))
                                                                                                                
会場:横浜美術館、日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)、
    
   その他周辺地域
                                                                                                                
開館時間:11:00~18:00 (入場は17:30)
                                                                                                                
主催:横浜市・NHK・朝日新聞社・横浜トリエンナーレ組織委員会

特別連携プログラム:BankART LIFE Ⅲ(新港ピア)、
 
                                    
                              黄金町バザール2011(黄金町エリア)

前売券発売期間:2011年6月1日(水)~8月5日(金)
                        
                           全国のプレイガイド、コンビニエンスストアで発売中

入場料:
<お得なセット券>特別連携セット券
        
         ・前売券 一般 1,400円 大学・専門学校生 900円 高校生 400円
        
         ・当日券 一般 1,800円 大学・専門学校生 1,200円 高校生 700円
              
           <ヨコハマトリエンナーレ2011>
        
         ・前売券 一般 1,200円 大学・専門学校生 700円 高校生 300円
        
         ・当日券 一般 1,600円 大学・専門学校生 1,000円 高校生 600円
                                                                                                                      
<ヨコハマトリエンナーレ公式サイト>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−