Cliff Side Jazz Night “The Third” Sept 24 2016

先月24日のクリフサイドツアー、総勢10人の大所帯となりました。𣳾地虔郎さんのご配慮で2階席正面の3テーブルを提供されました。この席は僕は個人的に一番好きな席なんですが、𣳾地さんも同じ感覚だったのでしょうか?夢の空間をじっくり堪能できたひとときでした。
今までで一番本格的なクリフサイドでの映像撮影…ああでもぶっつけの手持ち撮影…それでも今までより少しマシ。編集して短いクリップにまとめようと思った のですが、人間の証明がよかった、ジャンバラヤが、テネシーワルツが、愛燦燦がよかったとツアー参加者の声を聞いたり、あるいは、出演されているミュージシャンの記録としてノーカットであった方がいいと思い全編公開、計10本のクリップを作りました。(一部撮影のミス等で収録されていない曲もあります)

///////
Since 1946 「クリフサイド」は終戦直後の昭和21年に日本人専用のダンスホール「山手舞踏場」として開店して以来、70年の歴史を古き良き横浜の香りをそのままに引き継いでいます。戦後の名だたるジャズミュージシャンがクリフサイドのステージから巣立っていきました。100平方メートルのダンスフロアと1階2階の吹き抜け、和洋折衷の建築様式がドラマチックな空間をつくりだし数々の映画のロケ地として有名です。横浜に数多くあったダンスホールは今はすでになく、クリフサイドは奇跡的に、歴史と文化の接点、元町代官坂の丘に屹然として立っています。
……………………………………………………
Cliff Side Story
https://www.youtube.com/watch?v=UojrmvOQxRU
クリフサイドホームページ
http://cliffside.blue.coocan.jp/index.html

……………………………………………………
Cliff Side Jazz Night “The Third”
Sept 24 2016

1) Take the A Train, Jambalaya

2) 人間の証明, Basin Street Blues

3) It’s A Sin To Tell A Lie, Yokohama Dream (Vo キャロル山崎)

4) Tennessee Waltz, In the Seabreeze (Vo キャロル山崎)

5) Love, Everybody Loves Somebody

6) Saturday Afternoon Blues, You Don’t Know What Love Is

7) Bei Mir  Bist Do Schon, I Got Rythm, Black Orpheus

8) Cheek to Cheek, Gaslight in the Twilight (Vo キャロル山崎)

9) Goody Goody, Isn’t She Lovely (Vo キャロル山崎)

10) Round Midnight, 愛燦燦

……………………………………………………

“The Third”
Flute: 佐藤未来・大澤香奈江・斉藤早紀/Cla: 菊池光雄/A,Sax: 森保未栗・岩佐俊明・玉井 昇/T.Sax: 長田美奈子・藤田勝美/B,Sax: 大島裕介/Trumpet: 渡辺真弥・山内むつみ・井ノ上美月・窪田 肇・落野 薫/Trombone: 木村友香・熊川小太郎・松石純・中島三郎/Piano: 小野大地・尾島舞紀・松石恵美子/Bass: 市川淳子・酒谷裕佳里/Drums: 菅俊之・泊由起子・金子高之
Vocal: キャロル山崎
作・編曲/指揮: 𣳾地虔郎

……………………………………………………

「横濱ベイエリア」写真展、エリスマン邸にて開催中

町田昌弘

町田昌弘率いる10人の怪しい港界隈放浪写真家集団が、みんなの知らない「横濱ベイエリア」を案内する「横濱ベイエリア」写真展、7月14日までエリスマン邸にて開催中。

[動画] http://youtu.be/2ZjnTs2KSU4

[Facebook] https://www.facebook.com/events/272743759565128/

…………………………………………………………………………

会 期 2014年7月8日(火)~7月14日(月) 9:30~17:30
会 場 エリスマン邸 地下ホール
http://www2.yamate-seiyoukan.org/seiyoukan_details/Ehrisman/

出展者 安彦勝博 安藤恵造 篠崎 卓 杉本光生 中山 卓 平野昌子 本間皆子 増井さちみ 増井 諭 町田昌弘

…………………………………………………………………………

横浜ベイエリアと言えば、まず思い浮かぶのは山下公園やみなとみらい周辺、象の鼻パーク、八景島シーパラダイスなどでしょう。しかし、知っているようで意外に知られていない横濱ベイエリアの魅力、鶴見区安善町から金沢区野島町まで人工の海外線は141kmにも及び、それに沿って歩いてみると、観光スポットにはない、じつに味わい深い風景が折り重なるように展開し、眼を飽きさせません。……(町田昌弘・展覧会案内より)

町田昌弘『横濱ナイト&デー』
http://www.amazon.co.jp/dp/4817921188

 

 

森 直実『横濱中華街三十六景』at 横浜市中央図書館

mori naomi chinatown

横浜錦絵をオマージュする独特な技法による森直実ワールド『横濱百景』のうち、「横濱­中華街三十六景」22点の新作を含めた第3弾、シリーズ最後にして最高の中央図書館で­の展示をお見逃しなく!

Report Video >>> http://youtu.be/wKAb4yMpr28?list=UUhAEnPTri1pfLAP-vKMfVUA
………………………………….­…..
森 直実 横濱百景写真展
『横濱中華街三十六景』
2014年6月20日(金)〜7月13日(日)
横浜市中央図書館 1階展示コーナー

森 直実オフィシャルサイト
http://naomi-mori.main.jp

「よこはま竹の声音楽祭2013」PVが続々アップ

竹の声音楽祭

 

港北ふるさとTV局のサイトの特設ページ「よこはま竹の声音楽祭2013」に、たくさんのPVがアップされています。

 

http://kohoku-furusato-tv.org/gang_beifurusatoterebi_ju/yokohama_zhuno_sheng_yin_le_ji.html

 

いよいよ来週、8月25日(日)横浜市港北公会堂にて「よこはま竹の声音楽祭2013」が開かれます。自分たちで竹楽器を作るワークショップの参加者とプロの竹楽器演奏家がコラボレーションするコンサートです。竹林の保全活動を行っている都筑区のNPO「日本の竹ファンクラブ」が主催する全国で最も規模の大きいバンブー市民オーケストラの活動です。

5日間のワークショップの記録や出演するミュージシャンのインタビューなどのPVを制作担当する「港北ふるさとテレビ局」は、地域の歴史や文化を映像で記録する活動をしています。今回の記録も来年開催される「港北ふるさと映画祭」への出品を目指しています。

今回の音楽祭は、主催の「日本の竹ファンクラブ」、「港北ふるさとテレビ局」をはじめ、竹楽器作りワークショップの講師を務め出演もする「東京楽竹団」、コンサートの制作を担当する「NPO法人アークシップ」、「横浜市民放送局」などジャンルを超えた複数のNPOがコラボレーションしてつくりあげるというのも特色のひとつです。

 

………………………………………………………………………………

「よこはま 竹の声音楽祭 2013
ワークショップ:83日(土)~818日(日)小机城址市民の森、横浜国際プールなど
コンサート:825日(日)港北公会堂
ゲスト出演者:東京楽竹団、小栗久美子、うつくしまバンブーオーケストラ
主催:特定非営利活動法人 日本の竹ファンクラブ http://takefan.jp
後援:横浜市、横浜市教育委員会、港北区役所、横浜市体育協会、横浜市観光コンベンションビューロー
協力:横浜国際プール、東京楽竹団、NPO法人アークシップ、港北ふるさとテレビ局/横浜市民放送局

………………………………………………………………………………

日本の竹ファンクラブ http://takefan.jp
竹の声音楽祭の動画配信「竹ファンTV」www.youtube.com/user/takefanTV
東京楽竹団 http://www.tokyo-bamboo.com
小栗久美子 http://www.geocities.jp/nhaccu_vn/
NPO法人アークシップ http://www.arcship.jp
港北ふるさとテレビ局 http://kohoku-furusato-tv.org/
横浜市民放送局 http://yokohama-tv.com

………………………………………………………………………………

リーフレットのPDFダウンロード
◉ワークショップ参加者募集(参加申込書)
◉コンサート

………………………………………………………………………………

18日まで マレーシア「クバヤ刺繍」展示会 於爾麗美術

キムさんとイエンさん

マレーシアの伝統衣装「ニョニャ・クバヤ」の展示会と刺繍の実演が、横浜中華街ギャラリー爾麗美術で開催されています。

クバヤは19世紀頃ジャワで生まれ、マレー半島でプラナカン※の手によってニョニャ・クバヤという華麗な伝統衣装に発展したものです。(※プラナカンとは現地人と外国人の混血をルーツとするマレーの人々)ニョニャ・クバヤの特徴は豪華な刺繍です。手動のミシンで精緻な技を透き通るような独特の生地に縫い込めます。

今回、来日してクバヤ刺繍のデモンストレーションを行う、リム・スウィーキムさんは82歳、唯一となったクバヤ・テーラーでマレーシアの人間国宝です。前首相夫人の支援で滅びそうだったニョニャ・クバヤの技を現代に築き上げました。

動画はこちらです>> http://youtu.be/ygeG4AqfSuU

8月15日(木)~18日(日)11:00~19:00

ギャラリー爾麗美術(横浜中華街西門通り)http://nirei-art.com

ニョニャ・クバヤ キム・ファッションhttp://kimkebaya.hahaue.com/

ヨコハマトリエンナーレ2014 アーティスティック・ディレクターは、森村泰昌さん

例年より早い、会期の2年前にヨコハマトリエンナーレの第1回記者会見が開かれたので行ってきました。詳しい報告は後ほどお伝えするとして、会見の模様の映像をまずはご覧ください。
次回ヨコトリのアーティスティック・ディレクターとして紹介されたのは、何と、アーティストの森村泰昌さん。アーティストがディレクターを務めるのは、ヨコトリ2005の川俣正さん以来、二人目です。その意味するところ、結果は如何に?「横浜以外だったら断ったでしょう」と、横浜には特別な愛情があるとおっしゃっった森村さん、期待が膨らみます。
TAEZ!からの質問、「横浜には10年以上の歴史を誇るアートNPOがいくつもあります。横浜トリエンナーレがこのような団体とリンクしないのはもったいないと疑問に思っています。例えば会期中に『横浜Week』と名付けて、横浜のアートNPOや現代アートのギャラリーの企画を、週替わりに展示するプログラムを開催したらいかがでしょう?世界のアートと横浜のアートが出会い、交流する場面はすてきだと思いませんか?」に対して、明確な返答は当然ながら(まだはじまったばかりなので)なかったものの、「総花的ではいけない」と保留をしながら「各地で焦点を結ぶような」取り組みはしたいと前向きな回答でした。
森村さんという個性、横浜市が主催であるということ(文化庁は今回は主催からはずれている)、準備期間が充分な期間が確保できたということ、もろもろ、好条件が整っているヨコハマトリエンナーレ、今回は充分期待をしてもいいのではないかと思いました。

………………………………………………………………

………………………………………………………………

ヨコハマトリエンナーレ2014
第1回記者会見
2012年12月18日(火)14:00-15:00
横浜美術館 円形フォーラム

横浜トリエンナーレ組織委員会 委員長 逢坂恵理子

ヨコハマトリエンナーレ2014 アーティスティック・ディレクター 森村泰昌

横浜トリエンナーレ組織委員会 事務局長 帆足亜紀

………………………………………………………………

1.ヨコハマトリエンナーレ2014 開催概要
名 称 ヨコハマトリエンナーレ2014
会 期 2014 年8月上旬~ 11月上旬 ※会期の詳細・休場日は、決定次第お知らせします。
主会場 横浜美術館、新港ピア(新港ふ頭展示施設)
主 催 横浜市、(公財)横浜市芸術文化振興財団、NHK、朝日新聞社、横浜トリエンナーレ組織委員会
アーティスティック・ディレクター  森村泰昌(もりむら やすまさ)

2.アーティスティック・ディレクター
3.主会場について
4.記者発表資料 [ ↓ダウンロード PDF(188kb) ]

2.以降の詳細は下記HPをご覧ください。
http://www.yokohamatriennale.jp/top/news/news-20121218-03.html

………………………………………………………………

[interview] 横浜メリーゴーラウンド研究所代表の寺道健一郎さん

……………………………………………………………………………………

かつて、根岸競馬場の馬たちが休んだ厩舎跡に「横浜メリーゴーラウンド研究所」はあります。明治から現代へ、イタリア、インドから横浜へ、時間と空間を越えて本牧一丁目か­ら、横浜の新しい物語が誕生します。3年の月日をかけていよいよ完成間近の「横浜メリーゴーラウンド」の三頭の馬たちの息づかいが聞こえてきました。

2012年春、山下公園芸術祭にプロトタイプを出展した「横浜メリーゴーラウンド」、代表の寺道健一郎さんにメリーゴーラウンド製作のプロセスなどのお話を伺いました。