横浜トリエンナーレサポーター事務局の体制について思うこと

2011年の横浜トリエンナーレサポーター事務局の体制は、2005年、2008年のトリエンナーレの時に比べるとなんかあまりいい雰囲気ではないようですね。
TAEZが同事務局に出した公開質問状への回答には回答者の記名がないし、TAEZのメンバーがサポーターの自主的活動を促進するにはメーリングリストを活用したらどうですかと提案したところ、あっさり出来ませんとかわされてしまったりと、どうもちぐはぐな対応が目立ちます。横浜市は「市民恊働」という看板を掲げていますが、これでは看板に偽りありとしかいいようがありません。

TAEZによる事務局の周辺取材をまとめると、今回のサポーター事務局は、前回展のように横浜市創造都市事業本部から直接委託されたものではなく、横浜トリエンナーレ組織委員会から横浜市芸術文化振興財団ならびに黄金町エリアマネージメントセンターに直接委託された事業のようです。

しかし、先日発表された、平成23年度のAPEC・創造都市事業本部の予算概要を見てもトリエンナーレ事務局の予算はどこから割り当てられているのかよく分かりません。いったいどこから税金を割り当てているのか? 気になります。

ちなみに、今年のAPEC・創造都市事業本部の文化芸術創造都市形成事業予算は約12億6300万円。内訳は以下のようになっています。

横浜トリエンナーレ事業費 490,020千円 38.8%
創造界隈形成事業費 228,769千円 18.1%
創造都市雇用対策事業 117,197千円 9.3%
地域再生まちづくり事業費 113,722千円 9.0%
アーツコミッション事業費 99,965千円 7.9%
ナショナルアートパーク構想推進事業費千円 75,700 6.0%
創造都市市民力継承事業費 73,000千円 5.8%
映像文化都市づくり推進事業費 33,740千円 2.7%
魅力づくり推進事業費 16,000千円 1.3%
創造都市交流事業 8,700千円 0.7%
創造都市推進事業費 5,713千円 0.5%
施設法定点検委託費 760千円 0.1%

トリエンナーレに約4割割り振っていますが、多分これは作家を招聘するなどの実質的な費用と思われます。

気になるのは毎月1000万円近くの税金を投入する創造都市雇用対策事業。「緊急雇用創出事業等の一環として、アーティストと障害者施設との協働により商品開発を行う事業のほか、横浜トリエンナーレのPR業務、オープンヨコハマにおける来場者の会場間輸送業務やインフォメーション等来場者の誘導案内輸送業務などに就業の機会を提供します。」となっています。

この一部が横浜トリエンナーレサポーター事務局に使われる税金なのか?

横浜市APEC・創造都市事業本部は、予算をどのように割り振って2011年のトリエンナーレにおける「市民恊働」を成功させようとしているのか?

市民恊働の具体的な組織体制は組織委員会の下にあるのか。それとも芸術文化振興財団ならびに黄金町エリアマネージメントセンターの下にあるのか。そしてその予算は……など、もっと詳細な情報を公開して、せっかくつちかってきた横浜のアートボランティアの不安や疑問を解消し、市民の意欲に答えてほしいものです。

和田昌樹(桜美林大学総合文化学群准教授)

Anyango with Nyatiti Warembo!! Live in Yokohama

しばらくリンクが切れていたアニャンゴのライブ映像、YouTubeにアップしました。

6月13日に横浜の赤レンガ倉庫で開催された「アフリカン・フェスタ 2010 イン・横浜」に出演したAnayango with Nyatiti Warembo Concertの映像です。出演は『ニューズウィーク誌』、「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれた”アニャンゴ”こと、向山恵理子さんとその仲間のみなさん。
“アニャンゴ”の意味は、ケニアのルオー族の人たちの名前で、「午前中、生まれた女の子」という意味だそうです。向山さんは、世界初の女性ニャティティ奏者。この楽器は、ケニヤの伝統的な楽器で、ルオー族の男性だけが演奏することを許された楽器でしたが、向山さんは頑張ってルオー族の村に住み込みこの楽器の奏法を身につけました。ひとりでパーカッションとストリングスとヴォーカルの三役をこなす底抜けに明るい演奏をお楽しみください。

高嶺格:とおくてよくみえない

2011年1月21日から横浜美術館で開催中の高嶺格:とおくてよくみえない。担当学芸員である太田雅子さんから作品解説していただきました。3月20日まで開催、是非お出かけください。

開放/閉鎖

目を閉じるな

目を見開いたまま、すべてを見ようとするな

open/close

do not close your eyes

with eyes open, try not to see the whole

展覧会詳細は

http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/2010/toofartosee/

酒井幸菜ライブ・パフォーマンス “In the Wind, Kamakura”

最近YouTubeの動画アップロード時間が無制限になったので、2010年3月21日 神奈川県立近代美術館 鎌倉で収録した酒井幸菜ライブ・パフォーマンス “In the Wind, Kamakura”を、YouTubeから再公開します。

若手でも注目されているダンサー、酒井幸菜によるソロパフォーマンスが開催されました。場所は、神奈川県立近代美術館 鎌倉にて。坂倉準三設計による正方形の中庭を持つ独特な空間、その中央には、イサム・ノグチ の「こけし」が配置され、一階はそのまま、平家池に臨むテラスにつながっています。今回、酒井さんはこの空間の特徴をフルに活用した密度の濃いダンスパフォーマンスを行いました。繊細な体の動きと、大胆で情熱的動きを併せ持つ、酒井さん独特の世界が表現されています。鎌倉館でのテーマは「かぜ」。当日は,天候にも恵まれ気持ちのよい風が美術館を吹き抜けていました。映像の後半、平家池に風でさざ波が立つシーン、偶然ですがとても美しい。35分間、ノーカット、フルハイビジョン映像です。ぜひ、全画面表示でご鑑賞ください。

酒井幸菜 ”In the Wind, Kamakura”
2010年3月21日 神奈川県立近代美術館 鎌倉
ダンス:酒井幸菜
音楽・演奏:表現 (hyogen)
主催:神奈川県立近代美術館
映像・企画制作:
TAEZ! 岩田稔夫
桜美林大学総合文化群和田研究室
ポートサイド・ステーション株式会社 和田昌樹

「酒井幸菜ライブ・パフォーマンス “In the Wind, Kamakura”」直後、酒井幸菜さんに加え、hyougenの皆さんと水沢勉 副館長にも同席いただき、直撃インタビューをしました。
「hyogen」の皆さんのバック音が加わり、少し落ち着いたところでインタビュースタート。今回は水沢勉 副館長にも同席していただき、葉山、鎌倉で企画した経緯や酒井幸菜さんが「表現」の皆さんとどのように作品をつくっているのか。さらに、酒井幸菜さんが表現するダンスの話をしていただきました。言葉では伝わらないもどかしさも感じましたが、自然な何かを表現する酒井幸菜さんの素敵な視線をいちファンとして今後とも見守っていきたいと思います。

酒井幸菜 インタビュー
2010年3月21日 神奈川県立近代美術館 鎌倉
インタビュワー:青木杏(TAEZ!)

横浜トリエンナーレサポーター事務局への公開質問状

1月12日にYCCで開催されました第3回トリエンナーレ学校「広報について勉強しよう!」に参加しました。終了後、フロアで何人かのサポーターに意見を聞いてみましたが、「財団は過去の失敗、経験をまったく生かせていない」、「また,振り出しにもどってやり直すつもりなのか?」、「サポーターをバカにしている、我々の力を全く評価していないのか?」、「サポーターを素人扱いしている、無償労働力としてしか考えていないのか」という厳しい意見が大半でした。また、事務局からも今後のサポーターの広報戦略、市民広報活動とどのように恊働して行く方針なのかビジョンが全く示されなかった点がきわめて残念です。
じつは、今回のトリ学の進行を観ていてふと思ったのですが、現在のサポーター事務局スタッフはもしかしたら今までの横浜トリエンナーレにおいてボランティア/サポーターにより自主的に展開された市民広報活動の実態についてほとんどご存じないのではないかと不安になりました。横浜トリエンナーレの大きな特徴のひとつとして、「市民による市民のための広報」が実現してきたことがあげられます。2005年展、横浜シティアートネットワーク市民広報「はまことり」、2008年展、サポーター「広報グループ」、と。このスタイルはもともと川俣さんの自由な体制のなかで自然発生的に生じてきたものです。また、前回展でも水沢さんからこの市民広報活動については支持と理解を頂いています。 

横浜トリエンナーレにおいてどのようにして市民広報活動が定着してきたのかは、以下の資料を是非ご参照ください。

1)トリエンナーレからシティーアートへ
ー市民が見た横浜トリエンナーレ2005ー
横浜シティーアートネットワーク市民広報「はまことり」報告書
企画・制作:横浜シティーアートネットワーク市民広報「はまことり」
発行:財団法人 横浜市芸術文化振興財団

2)アートボランティア横浜スタイル
ー横浜トリエンナーレ2008サポーターとボランティアの活動記録ー
企画・制作:横浜トリエンナーレ2008サポーター報告書プロジェクト
発行:美術出版社

3)ビエンナーレの現在 (発行:青弓社)
第3章 市民芸術論的展開(著者:美術評論家、福住廉氏)
ークリティカルな視点から見た「横浜トリエンナーレ2005」ー

あと、美術出版社からサポーター広報グループに持ち込まれた企画として作成したガイドブック

4)美術手帖2008年10月号増刊、アートシティヨコハマガイドブック
ーヨコハマトリエンナーレの街を歩くー

があります。クレジットには明記されてませんが、ガイドブックの取材記事、写真はサポーター広報グループが担当しました。

我々サポーターによる市民広報は、あくまで市民による市民のための広報を目指しています。本職はなんであれ、横浜トリエンナーレの広報活動については一市民として参画して参りました。しかし我々は少なくとも現代美術展の広報を担当するという立場においては素人ではありません。
我々のモチベーションのもとは、アーティストに対するリスペクトと深い共感にもとづいています。アーティストに対するリスペクトの気持ちをもたずに取材に行っても、彼らは決して心を開いてくれません。今までの広報活動をつうじて、このことが最も大切なことである事を学んできました。

さて、以下が公開質問状です。

*********************************************************************

1)今回のトリエンナーレ学校でサポーターから取材申請(写真撮影および原稿起こしのための録音申請)をしたところ取材を拒否されました。しかし当日外部メディアの動画撮影取材が現場に取材で入っていました。サポーターがトリ学のようなサポーターの行事を取材し広報することは当然のことだと思います。もっとも優先されるべきサポーターによる取材を拒否する一方で、なぜ外部メディアに取材許可を出したのか? この点に関して、納得のできる説明を求めます。

2)横浜トリエンナーレが他の多くの国際展と差別化できる大きな特徴のひとつとして、「市民による市民のための広報」が実現してきたことがあげられます。横浜トリエンナーレ2011年展でサポーター事務局は、横浜で継続されてきた市民広報活動とどのような形で恊働するつもりであるのか、そのビジョンを明確にお示しください。

2011年1月15日
TAEZ! 代表 岩田稔夫

エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ @野毛大道芸フェスタ

GRÊMIO RECLEATIVO ESCOLA DE SAMBA SAÚDE YOKOHAMANGUEIRA:

今年、G.R.E.S.Saúdeが浅草サンバカーニバル優勝し、優勝旗が始めて多摩川を渡りました。 ということで、大道芸フェスタで野毛の路地裏で凱旋公演。今回は掟破りの逆光撮影の映像を採用しました。ダンサーの羽根が光ってて妙に綺麗なので。
G.R.E.S.Saúdeは凄いチームだよ。あのカルトーラが創設したサンバチーム、エスコーラ「マンゲイラ」をリスペクト。エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂの後ろにヨコハマンゲイラという言葉が続いてるんですね。マンゲイラをリスペクトする野毛のサンバチーム。横浜、野毛にこんな凄いチームがいるんだってのが驚きです。


しかしカルトーラといえばブラジル音楽のなかでも別格、特別な存在ですよね。彼にとってもマンゲイラに対する思いも色々あったんでしょうね。ところで、始めて本場のサンバを聴いたのは大学生のときベッチ・カルヴァーリョのLPレコードで、こん時は本当にぶっ飛んだ。ベッチもマンゲイラを愛し、リオのカルナヴァルではいつも山車に乗ってたそうだよ。そして彼女もカルトーラをリスペクト。また、有名な話ですけど、若い頃ピエール・バルーは1969年単身リオに行き SARAVAH という映画を撮っています。冒頭いきなりマンゲイラのカルナヴァルパレードから始まる貴重な映像です。ピエール・バルーは私がもっともリスペクトするアーティストの一人なんです。
野毛発のサンバチーム、 エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ・ヨコハマンゲイラ、応援してます。

エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂのサイトは↓

http://gressaude.com/rj/

金沢文庫芸術祭2010 映像アーカイブ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第12回 金沢文庫芸術祭 1Dayイベントが、2010年9月19日、横浜海の公園で開催されました。

お疲れさまでした!! あのエネルギーはすごいなぁ、一日では 取材が追いつきません。広い会場を何回もぐるぐる走り回ったのでその日はは家にたどり着くのがやっと・・ しばらく節々が痛くやっと歩いていました。

おかげさまで、アーティストインタビューは TAEZ!組三人で 40名ほど取材できました。(それでもやっと 半分くらいですか・・) ただいま編集中、のんびりやっています。

いろいろな話を聞くことができました。今年初めてという方が多かったのですね。 子育ておわってやりたかったことをこれから、という方が何人か、退職後の仕事として考えているのでリサーチを兼ねて参加した方、独立して間もなく外へアピールしているところという方など、これからこの道を本格的にやろうとしている方が多かった印象です。こういう方々を応援していきたいなぁという気持ちがあらたになりました。

実行委員会スタッフのオーガニックパワーは目を見張るものがありました。各パートパートでオレに、私にどーんと任せなさいというような適確迅速な対処が全体をひとつの生命体のような力強い運営となっていました。

恒例の大仮装パレードは主催者発表で400人参加、あまりにもすごい人数なので外から見たのではこどもたちの扮装や表情が分からないので僕も渦の中に巻き込まれながら写真を撮っていました。こどもたちはちょっと埋もれてしまった感がありました。どうも大人達の方がはしゃぎまくっていたような・・

早朝の「アースダンス」からはじまって、最後のスペシャルライブ「ラビラビ」まで一日中盛りだくさん濃縮されたエナジーで爆発寸前のお祭りでした。

中継を横浜市民放送局の皆さんが行ってくれました。録画はこちからご覧いただけます。 それぞれのチャンネルで何本かづつの録画があります。

・アースダンス http://www.ustream.tv/recorded/9666451

http://www.ustream.tv/recorded/9667406

・大地のステージ http://www.ustream.tv/recorded/9667479

http://www.ustream.tv/channel/yokohama-tv

http://twitcasting.tv/minakagami316/movie/498534

・ワークショップ広場 http://www.ustream.tv/recorded/9672700

・ ラビラビ・スペシャルライブ https://takearteazy.wordpress.com/2010/09/23/ラビラビ-live-in-金沢文庫芸術祭2010/

ラビラビ live in 金沢文庫芸術祭2010

 金沢文庫芸術祭のとりを締めたのはラビラビのライブ。南ステージに帰ってくるサンセットパレードに、「みんなお帰り〜」「ラビラビがお待ちかねだぞぅ〜」で始まる1時間半のライブ。YouTube2本分、30分間に濃縮いたしました。

 打楽器2人の強力なリズムセクションに,あずみのボーカル。異色の編成の即興ユニットです。西洋的音楽スタイル、ジャズ、ブルース、ロック等に共通するのはドラムとベースでリズムセクションを固めるスタイル(そう云う私もベース弾きですが、、)。これに対しラビラビの編成は打楽器+ボーカルという極めてシンプルな編成。西洋音楽的価値観の対局にあるように思います。

 ラビラビの音楽について「縄文トランス」という言い方がされてますが、縄文時代のこと本当は誰にも分かりません。むしろ、私には柳田國男の遠野物語に記載されてるシャーマニズムを連想します。日本にニューウエーブとして仏教が伝来する以前の価値観。
 この太鼓と声の響きは私たちが日常持ってる価値観と、正面から対立してくるはずです。ラビラビの根元には、原始ジャパニーズ・ネイティブの生き方が反映されてます。
 一方、テクニカルには現代のものを使用してます。あずみの唄で多用されるループの手法、一昔前までみんなテープを使ってアナログで苦労してやってたものです。そのほか様々なデジタルエフェクトをミックスしてあずみの唄はコントロールされてます。
 今回の映像も、ほとんど照明がない状態で最新の高感度ビデオカメラだからこそ記録出来たものなんです。やはり、我々はテクノロジーの発展の恩恵をうけて生きているんです。
 しかし強力な打楽器、このプリミィブな楽器の上にヴォーカルを重ねてゆく手法はとても新鮮です。西洋音楽の語法になれすぎた私たちの耳に対するラビラビの挑戦、今後も見逃せないです。

菜音キャンプ2010/ZIONCAMP2010

自然に囲まれた長瀞オートキャンプ場を会場に、ミュージックライブや様々なワークショップ・アウトドアプログラムのほか、農家産直野菜をはじめとした沢山のおいしい食材販売、そしてフリーマーケットも開催。家族・友達・カップル、みんなで楽しくおいしい2日間の体感型キャンプイベントを開催。
菜音キャンプ2010
〜自然の中で、野菜と音楽を通して様々な体験をしよう!〜

出演者プロフィール

<MUSIC:>
Keyco
bird
有坂美香&The Sunshowers
Spinna B-ILL
KINGDOM☆AFROCKS
EELMAN(イールマン)
AILIE(アイリー)
RAS KANTO
GORO
弁才天(ベンザイテン)
睡蓮(持田浩嗣&cappa sight)
雷蔵 the ふわふわヘリウム
☆マーレーズ☆
玲&BAOBAB(バオバブ)
iora/アイオラ
coffee&Cigarettes band
RUB-A-DUB MARKET(PART2STYLE)
DJ YAS
DJ ARAKEN
KEN2-DSPECIAL
PART2STYLE SOUND
CHUCK MORIS
MARIMO(Econimical Dub)
Sunshine
地元秩父から参戦♪ 苅米太鼓會
Mangrove(マングローブ)
JaLivBand(ジャリブバンド)
JUZU a.k.a. MOOCHY (NXS / CROSSPOINT)

<LIVEPAINT:>
森田ヒロ
BRAKICHI
siva

<DECORATE:>
甲賀ゆうこ

9月11日(土)- 12日(日)開催
会場:長瀞オートキャンプ場、埼玉県秩父郡長瀞町大字井戸559-1

「菜音キャンプ2010」キッズエリア企画 

森田ヒロ「楽描♪アートセッション」
日時:9/11(土)/①12:00~13:00/②13:30~14:30/③15:00~16:00
内容:花びら型のキャンバスにクレヨンでお絵かき

「ライブインスタレーション」
日時:2010年9月11日(土) 18:00スタート
アコースティック・ライブ/iora
ライブ・アート/森田ヒロ
OHPライティング/ラララ♪楽描隊
内容: 夕暮れから始まるioraのアコースティックライブと共に、森田ヒロ氏によるオブジェ「Power Flower」の公開制作とライブペインティング。同時にオーバーヘッドプロジェクターによるライティングで子ども達(ラララ♪楽描隊)のペインティングを投影する。
ライブ終了後、キャンドルを燈し完成。

画材協賛/ぺんてる株式会社
企画・演出/AROMAVITA+
美術監修/JAPORHYTHM
撮影・配信/ポートサイドステーション株式会社
主催/菜音プロジェクト



大巻伸嗣、瀬戸内国際芸術祭2010 Liminal Air- core- について語る。


大巻伸嗣さんを都内のスタジオに尋ね、7月から始まった「瀬戸内国際芸術祭2010」の作品 《Liminal Air-core-》についてお話を伺いました。柱に近づいて見ると、鏡に周りの風景が映り込み、見る人のうしろから風景が迫って来て、ぐるぐる回っているように感じるそうです。大巻さんの作品は見る人が作品に関わって風景を変え、風景の、作品の一部になるものです。「柱に近づいて、朝、昼、夜の時間帯や陽射、風によっても違う感覚を味わってほしい」と、大巻さんからのメッセージです。