かえっこ!in フォーラム南太田(横浜市南区)2019.11.24

みなさま こんにちは
かえっこよこはまよりひさしぶりのおしらせです

フォーラム南太田の
こども食堂「みなみ~な広場」のあそびばとして
「ちいさな かえっこ」をおこないます
なお 今回はオークションはありません ごめんなさい

時間 2019年11月24日(日) 11時~14時
場所 フォーラム南太田(男女共同参画センター横浜南)1階
住所 横浜市南区南太田1-7-20
電話 045-714-5911
※駐車場はありません

かえっこは11じ~13じはん
(13じはん~14じはおかたづけタイム)
こどもスタッフ ぼしゅうします

こども食堂は有料です こども100円 大人500円
詳しくは フォーラム南太田のイベント情報で → コチラ

かえっこのあそびかた

石巻・手作りCM プロジェクト

石巻・手作りCM プロジェクトを制作した「原田博行 with SIESTA」が1月26日(土曜日)に横浜市都筑区の「CAFE SIESTA」でライブを行います!

都筑区で活動するアトリエ・シエスタさんの「石巻・手作りCM プロジェクト」もセカンドシーズンが終了。サードシーズン突入の前に「CAFE SIESTA」にてライブが開催されます。CM 曲の生演奏だけでなく、CM 制作の裏話も聞けるかもしれません。横浜発の復興支援やプロジェクトの石巻への活動に興味にある方、カフェシエスタのファンの皆さん、ぜひご参加下さい。

要予約です、詳しくは以下のURLをご参照下さい。

http://tezukuricm.cdx.jp

 

 

 

別府現代芸術フェスティバル2012「混浴温泉世界」

10月6日より始まった別府現代芸術フェスティバル2012「混浴温泉世界」のオープニングに撮影したムービーを公開します。フルハイビジョン(1080p)で公開します。

制作:スタジオこみみずく

 

日本全国で様々なアートフェスティバルが開催されていますが、別府ほどその「土地性」に根ざして成功している例は無いと思います。今回は8つのプロジェクトに集約し一見小ぢんまりとしてるように見えますがとても密度が濃いです。

ところで、楠銀天街でばったり逢坂さん(横浜美術館館長)にお会いしました。良く聴くとムービー中で逢坂さんに声だけ出演(?)していただいてます。別府ではその他にも横浜市「財団」横トリ関係者にお会いしました。別府と横浜では町の規模が大きく違いますが、横浜が別府から学ぶことはとても多いと思います。

会期は12月2日までです。これから別府へお出かけの予定の方には、特に最終12月1−2日の楠銀天劇場「Voidthe Fill」にあわせて計画されることをお勧めします。私も出来ればもう一度別府に行きたいです。

ARTS for HOPE 〜東日本大震災被災者のためのアートプロジェクト〜

「ARTS for HOPE」は震災で心に大きな負担を抱えた子どもたちを対象に、「アート」や「ものづくり」を通した心穏やかな時間と温かなコミュニケーションスペースを届けるために活動しているNPO団体です。今月18日より渋谷で、被災地の子どもたちの素晴らしい作品を展示紹介しながら一周年の報告をかねた展覧会を開催します。被災地のために何かをしたいけど、どうすれば良いのか分からないと思っている方も多いと思います。ARTS for HOPE では広くボランティアを募集しています。ご興味のある方は是非この展覧会にお越し下さい。

会期:2012年5月18日(金)、20日(日)~24日(木) ※5/19(土)は休み
会場:WALL(渋谷区桜丘町7-14 B1F) http://www.g-wall.org/aboutus.htm
OPEN:13:00~19:00(最終日は17:00まで)
主催:ARTS for HOPE
会場・展示協力:WALL、副田デザイン制作所

(文責:岩田稔夫)

窪田研二さんよりお願い:Japan Art Donation

Kubota Kenji said that : Websie of Japan Art Donation has just opened. You can see nearly 60 messages from artists and art proffesionals there. Please forward this address to your friends. Thank you very much for your help!

http://japanartdonation.org/

親愛なる皆さまへ

2011年3月11日に発生した東日本大震災は、日本に未曾有の被害をもたらし、さらに原子力発電所の火災など、次々と新たな問題が起きています。愛する家族や友人を亡くされた方、長年住み続けた家が跡形もなく流されてしまった方、避難所での生活で余震や原発の状況におびえる方々、、、こうした人々の抱えている悲しみや不安は想像を絶するものです。このような状況の中で、私たちは自らの生活に多大な不安を抱えながらも、より多くの被害を受けられた方々のために少しでも助けになりたいと切に考えております。

現在、被災地区では行方不明者の捜索、避難所への物資供給などが集中的におこなわれています。一方では、被災された方々の心のケアも今後重要な課題となってくるでしょう。その時にこそ芸術は人々の心を癒し、生活に活力を取り戻すことが出来ると信じています。Japan Art Donationでは寄せられた義援金を、被災地域の文化施設の復興、被災地区へのアーティストの派遣、被災した子供たちを対象にしたワークショップの開催、被災地区での演劇、ダンス、パフォーマンス等の開催費用に使用します。

このような悲劇の中では皆さんの励ましや好意が、被災された方々の心を少しでも和らげるものと確信しています。
何卒皆さまのご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

2011年3月15日

Japan Art Donation
発起人 窪田研二
インディペンデントキュレーター

Dear All,

The Pacific Coast of Tohoku Earthquake, which happened unexpectedly on March 11, 2011, at a magnitude of 9.0, resulted in unprecedented damage in Japan. Disasters, such as fires at the nuclear power plants, occurred one after another. Many people have lost their beloved families and friends, as well as the houses that they have lived in for a long time. The sadness and anxieties that people hold, frightened by the aftershocks, far exceeds our imagination. Even though we feel uneasy ourselves, we sincerely would like to help the people who were far more impacted by the damaging aftermath of this massive earthquake.

The search for missing people and the material supplies for refugees are currently being intensively done in the stricken areas. On the other hand, the mental care for the people who have suffered is going to be a crucial subject in the future. We believe that art will have an important role to play then, in healing people and revitalizing their lives. Japan Art Donation will use your relief donations for the revival of cultural institutions, the dispatching of artists, the conducting of workshops for the children who suffered, the opening of theatre plays, dances, and performances in the striken areas.

We are convinced that your encouragement and kindness will bring relief to the people who suffered in this tragic situation.
We sincerely appeal for your assistance.

15th March 2011

Japan Art Donation
Founder, Kenji Kubota
Independent Curator