ヨコハマトリエンナーレ2014 アーティスティック・ディレクターは、森村泰昌さん

例年より早い、会期の2年前にヨコハマトリエンナーレの第1回記者会見が開かれたので行ってきました。詳しい報告は後ほどお伝えするとして、会見の模様の映像をまずはご覧ください。
次回ヨコトリのアーティスティック・ディレクターとして紹介されたのは、何と、アーティストの森村泰昌さん。アーティストがディレクターを務めるのは、ヨコトリ2005の川俣正さん以来、二人目です。その意味するところ、結果は如何に?「横浜以外だったら断ったでしょう」と、横浜には特別な愛情があるとおっしゃっった森村さん、期待が膨らみます。
TAEZ!からの質問、「横浜には10年以上の歴史を誇るアートNPOがいくつもあります。横浜トリエンナーレがこのような団体とリンクしないのはもったいないと疑問に思っています。例えば会期中に『横浜Week』と名付けて、横浜のアートNPOや現代アートのギャラリーの企画を、週替わりに展示するプログラムを開催したらいかがでしょう?世界のアートと横浜のアートが出会い、交流する場面はすてきだと思いませんか?」に対して、明確な返答は当然ながら(まだはじまったばかりなので)なかったものの、「総花的ではいけない」と保留をしながら「各地で焦点を結ぶような」取り組みはしたいと前向きな回答でした。
森村さんという個性、横浜市が主催であるということ(文化庁は今回は主催からはずれている)、準備期間が充分な期間が確保できたということ、もろもろ、好条件が整っているヨコハマトリエンナーレ、今回は充分期待をしてもいいのではないかと思いました。

………………………………………………………………

………………………………………………………………

ヨコハマトリエンナーレ2014
第1回記者会見
2012年12月18日(火)14:00-15:00
横浜美術館 円形フォーラム

横浜トリエンナーレ組織委員会 委員長 逢坂恵理子

ヨコハマトリエンナーレ2014 アーティスティック・ディレクター 森村泰昌

横浜トリエンナーレ組織委員会 事務局長 帆足亜紀

………………………………………………………………

1.ヨコハマトリエンナーレ2014 開催概要
名 称 ヨコハマトリエンナーレ2014
会 期 2014 年8月上旬~ 11月上旬 ※会期の詳細・休場日は、決定次第お知らせします。
主会場 横浜美術館、新港ピア(新港ふ頭展示施設)
主 催 横浜市、(公財)横浜市芸術文化振興財団、NHK、朝日新聞社、横浜トリエンナーレ組織委員会
アーティスティック・ディレクター  森村泰昌(もりむら やすまさ)

2.アーティスティック・ディレクター
3.主会場について
4.記者発表資料 [ ↓ダウンロード PDF(188kb) ]

2.以降の詳細は下記HPをご覧ください。
http://www.yokohamatriennale.jp/top/news/news-20121218-03.html

………………………………………………………………

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中