西野達:NY・地上20メートルのリビングでコロンブスと語らう

©Tazu Rous(西野達)
Discovering Columbus ©Tazu Rous(西野達)

西野達さんの新作”Discovering Columbus”(直訳は「コロンブスの発見」)は、ニューヨーク(NY)の円形交差点「コロンバスサークル」にあるコロンブス像を囲ってリビングルームにするもので、9月20日から公開されます。

■交通の要所「コロンバスサークル」
「コロンバスサークル」はセントラルパークの南西の角、大きな三つの通りが交わる円形交差点です。中心に約20メートルの花崗岩の柱があり、その上に大理石のコロンブス像が立っています。この像は1892年にコロンブスのアメリカ初渡航400周年記念のひとつとして建立されたもの、500周年記念の1992年に修復され、2005年にはまわりに噴水、ベンチが加わり、ショッピングや食事に訪れる人も多くなりました。

■コロンブスの視点を共有する
高さ約20メートルにある約4メートルのコロンブス像は、地上からやっと見える程度、意識して像を見たニューヨーカーはあまり多くはないでしょう。西野作品ができることによって、「コロンブスを発見する」ことになります。また、鑑賞者は6階建ての足場の階段を上って、リビングにたどり着いてコロンブス像に会い、像がいつも見ている景色を「発見」することができます。

■2回めのコロンブス像
西野さんは2004年にはスペインのセビーリャ・ビエンナーレで、2メートルの台座にある等身大よりやや大きいコロンブス像を囲んでリビングをつくりました。本棚にはコロンブス関連の本が並んでいました。コロンブスの顔がわからないので、本によって違う顔が載っていました。
コロンブスが出港したセビージャ、到着したアメリカの二つのコロンブス記念の地を西野作品がつなぐことになりました。

【Discovering Columbus】
2012年9月20日(土)~11月18日(日) 期間中毎日10:00~21:00
下記の主催「パブリックアートファンド」サイトで予約が必要、料金は無料。
http://www.publicartfund.org/view/exhibitions/5495_discovering_columbus

************************
なお、ベルギーのゲントと日本の新潟で西野作品を体験できます。

■100年の歴史を見つめてきたホテル、西野達《ホテル・ゲント》に泊まりませんか?
2012年5月12日~9月16日 *屋内展示は月曜休み
http://bit.ly/Kf44CO

■西野達さんの作品「知らないのはおまえだけ」に滞在してみませんか?(募集中)
「開港都市にいがた 水と土の芸術祭2012」2012年7月14日~12月24日
http://bit.ly/RiVhBO

【西野達(Tazu Rous)、別名 大津達、西野竜郎、西野達郎】
1960年名古屋生まれ、ベルリンと東京に拠点を置き、世界各地プロジェクトを発表。大胆な発想の作品は多くの人を引きつけ、意識していない日常に気づかせてくれる。

最近の作品では、2005年の横浜トリエンナーレで中華街の東屋をベッドにホテルの部屋にした《ヴィラ會芳亭》、2010年のあいちトリエンナーレでは「愛」の文字をイルミネーションで飾りクレーンで吊り上げた《転がる愛知》、2011年にはシンガポールビエンナーレで国家のシンボルを取り込んだ《マーライオンホテル》。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NYのアートブログで紹介されています。

Discovering Columbus: Follow Up
http://collabcubed.com/2012/09/20/discovering-columbus-follow-up/

collabcubed

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中