[interview] 横浜メリーゴーラウンド研究所代表の寺道健一郎さん

……………………………………………………………………………………

かつて、根岸競馬場の馬たちが休んだ厩舎跡に「横浜メリーゴーラウンド研究所」はあります。明治から現代へ、イタリア、インドから横浜へ、時間と空間を越えて本牧一丁目か­ら、横浜の新しい物語が誕生します。3年の月日をかけていよいよ完成間近の「横浜メリーゴーラウンド」の三頭の馬たちの息づかいが聞こえてきました。

2012年春、山下公園芸術祭にプロトタイプを出展した「横浜メリーゴーラウンド」、代表の寺道健一郎さんにメリーゴーラウンド製作のプロセスなどのお話を伺いました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中