大唐十郎展、幻のごときパノラマ

鹿野安司パノラマ

建築家でパノラマ写真家の鹿野安司さんが、先日開催されて眠れる横浜の話題をさらった「大唐十郎展・路地の展覧会」のパノラマVR作品を公開しています。

http://shikanoyasushi.com/galleryB/daikaraten/index.html

まるで夢の世界。すなわち夢とは妙にリアルな質感を持っている世界、けっしてぼーっとしているわけではありません。緻密なリアリティこそ幻想の源です。

パノラマVRとは、上下左右360°の景観をインタラクティブに見ることのできる技術です。さまざまなフォーマットがありますが、鹿野さんはそのなかで特に肌理の細かい手法をとって、建築家ならではの構造とでティールにこだわったクオリティを表現しています。建築家の視点から、紅テントや劇団唐ゼミをはじめとする数々の「劇場空間」や興味深い創造的な空間をパノラマVRで記録し、表現する仕事を続けています。

http://shikanoyasushi.com/index.html

こちらは、唐十郎21世紀リサイタルの写真(撮影は首藤幹夫さん)

http://www.flickr.com//photos/63537726@N06/sets/72157628064791835/show/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中