Talking Hechima ヨコハマトリエンナーレ2011〜世界ってどこ? 山岡佐紀子が語る

________________________________

アーティスト山岡佐紀子がヨコハマトリエンナーレ2011を語る。「世界はどこまで知ることができるか?」と誰かが言う時、その世界は、どこまでを言うのだろうか?アートは、世界のすべての出来事に向かい合っているのか?そして、向かい合うことは、可能か?そもそも「すべてに」踏み込むだけの「分」が、アートに、あるのだろうか? アフリカ以外の世界各地を知っている山岡さんだからこその素直な疑問をきっかけに、展覧会コンセプトとしての、不思議、魔法、神話、アニミズムの世界という古くさいテーマに対する、パーソナルな魅力である「身体性」。コンセプトや作品紹介を横軸に、「なぜだか好きになってしまう」「なんだか気になる」という縦軸の、交差するような作品について、そしてヨコハマトリエンナーレ2011を語る。

________________________________

出演:山岡佐紀子

聞き手・写真・ディレクション:高橋 晃

撮影・編集:岩田稔夫

スタジオ技術:水鏡、長瀬 悠

制作:TAEZ!

________________________________

山岡佐紀子 Sakiko Yamaoka

札幌生まれ。アーティスト。亡命、ノマド、移民、旅人、変容をテーマに、主にサイトスペシフィックな表現を行なう。プロジェクト、パフォーマンス、介入系アクション、インスタレーション、インタビュー、イラストレーション。武蔵野美術大学油絵学科卒業後、博物館に勤務しながら、絵画の作品を発表。画廊の勤務などを経て、1991年頃パフォーマンスアートに興味を持ち、始める。作品は、以下の2つの方向性。1. サイトペシフィック(社会コンテキストと視覚的条件)を背景とした作品。2. ホワイトキューブでのファインアート系作品。公式サイト:http://sakikoyamaoka.com/

________________________________

広告

Talking Hechima ヨコハマトリエンナーレ2011〜世界ってどこ? 山岡佐紀子が語る」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中