「ヨコハマトリエンナーレ2011」第3回記者会見[2] アーティスト魂かけて生み出される新たな視点

ヨコハマトリエンナーレ2011出品作家である、横尾忠則氏と岩崎貴宏氏が登壇者であった。横尾氏は、2次元の魔術師と異名をもつ日本を代表するグラフィックデザイナーであり、80年代以降は、画家としての活動を中心としている。これまでの実績が認められ、2011年春の受勲で旭日小綬章を受賞した。岩崎氏は、広島をベースに製作活動し、水に映った金閣寺を表現した《リフレクション・モデル》など凍結した時間を表現した作品やバスタオルの糸を引き出してテントを作った《アウト・オブ・ディスオーダー(コンプレックス)》など そこに存在する風景や日常のありふれたものを新たな視点から引き出したサプライズな作品を発表している。

 

【横尾 忠則氏 / YOKOO  Tadanori 1936年 兵庫県生まれ。東京在住。】

1月から製作し、現在11点目を製作中であるが開催ギリギリまで、作品を製作し展示したい。

今回の作品のテーマは、人間が生まれる寸前に あるいは生まれたか生まれていないかギリギリのところで、赤ん坊が見る最初の光景と人間が死ぬときに最後に見る光景を一つにすることである。我々は、普段見えないものを見えるように顕在化しているが、それに反した見えるものを見えなくさせての発想で描いている。アトリエ内や電気の下では全く見えなくなってしまって描けないので、まるでパフォーマンスであるかのように、アトリエの外にキャンパスを持ち出して、太陽の下で製作中だ。鑑賞者の日常や経験・記憶などを総動員して作品を感じてくれればいい。作品を鑑賞するにあたって、こういう風にみて欲しいとかは一切ない。                                                            

【岩崎 貴宏氏 / IWASAKI  Takahiro  1975年 広島県生まれ。同在住。】   

横浜美術館の特別な空間ならではの場を生かした作品を発表したい。現在作品については調整中である。詳細は記者会見のこの場では語らず、ヨコハマトリエンナーレで驚きを与えたい。

東日本大震災後、9日ぶりに救出された男の子が「将来の夢は芸術家になりたい。」と語っていたのが、とても嬉しかった。東日本大震災の影響が残るひどい状況の中でも、いろいろな人に驚き・夢・感動を与えられる作品を生み出していきたい、この時期に展覧会に参加することに対して、特別な思いを作品に込めたい。                                                  

         IWASAKI Takahiro《Out of Disorder (Complex) 》          2009 Courtesy of the artist and ARATANIURANO

                                      

 【質疑応答】                               

Q: 作家の構成バランスについて考えたことは?

A: 男女比のバランスの考慮や中近東・南米・アジア地域、若手作家の作品も採り入れたいと考えていたが、調査・準備等の時間がなかった。短い限られた時間で質の高い展覧会を開くために、最終的には、展覧会コンセプトに沿った作品内容で決める方向にした。国際展であるヨコハマトリエンナーレで日本人の作家の作品をきっちりと展示したい思いもあり、今回は日本人作家の数が多いかもしれない。                 

Q: 東日本大震災後の影響で予定の変更もしくは増えたことがあったら教えて下さい。

A: 当初予定作品を出品するのではなく、この状況に対してなにかをつくらなければ!新作製作の時間が厳しくても逃げずに新作を作りたいと、作品の変更があった。全体として、生と死に関する作品・鎮魂・祈りなどに関わる作品傾向がある。

 

【登壇者の会見から思うこと】

横尾氏の「開催ギリギリまで作品を製作し、1点でも多くの作品を展示したい!」 岩崎氏の「特別な思いを作品にこめ、観るものに驚き・夢・感動を与えたい!」 との言葉に、アーティスト魂を感じた。今回の東日本大震災の影響で展示作品を変更した作家達の心情も、きっと、両氏と同じ気持ちであろう。

 アーティスト魂を燃え上がらせて製作された作品に宿る、作家達の情熱・思い・メッセージは、人間文化の出発点とみることができ、それだけでも十分に<瞬間的絶対感を表した作品>として、価値を見いだすことができるのではないか? そして、このことは、本展覧会のより深い理解へと結びつくきっかけになると考える。

大いなる期待をこめて作家達にエールをおくるとともに、アーティスト魂かけて生み出される新たな視点を楽しみにしたい。

                                      

 レポート; チャーミー ( 梶原 千春 )  写真提供; 横浜トリエンナーレ組織委員会事務局

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 関連サイト・記事

「ヨコハマトリエンナーレ2011第3回記者会見資料」

http://yokohamatriennale.jp/pdf/200110526releaseW_ja.pdf

「ヨコハマトリエンナーレ2011」第3回記者会見[1] 

~~大きな愛を届けたい、アートの力を新たな希望の架け橋に~~

https://takearteazy.wordpress.com/2011/06/05/the-third-press-conference/

「ヨコハマトリエンナーレ公式サイト」

http://yokohamatriennale.jp/                                                                         

広告

「ヨコハマトリエンナーレ2011」第3回記者会見[2] アーティスト魂かけて生み出される新たな視点」への3件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中