第9回ヨコハマトリエンナーレ2011 トリエンナーレ学校「ヨコトリ2011見どころ講座 アーティスト編2」

20110518_school1
第9回トリエンナーレ学校の様子

日時:2011年5月18日(水)19:00-20:30
会場:ヨコハマ創造都市センター(YCC)3階スペース
主催:横浜トリエンナーレ組織委員会
講師:ジュン・グエン=ハツシバ(ヨコハマトリエンナーレ2011参加作家)、天野太郎(ヨコハマトリエンナーレ2011キュレトリアル・チーム・ヘッド/横浜美術館主席学芸員)

4月13日に続く「ヨコトリ2011見どころ講座 アーティスト編」の第2回目で参加作家のひとりジュン・グエン=ハツシバ氏が登場。作家が自ら、制作する作品について解説し制作サポーターを募集するということで、興味を示した多くのサポーターが集まり会場はいつもにも増して熱気を帯びていた。作家に会える、作家と対話できる、作品制作に関わることができる、これが現代美術の大きな魅力のひとつだろう。そしてこのようなチャンスを設けているのがトリエンナーレ学校の特長だ。

初めに天野氏からジュン・グエン=ハツシバ氏について簡単な紹介があった。彼は横浜トリエンナーレ2001と2007年横浜美術館での企画展「水の情景-モネ、大観から現代まで」にも作品を出展しており横浜に縁がある。サポーターに対して「彼はみなさんに参加してもらって作品を作ります。作品制作に関わる類稀な機会ですからぜひ参加してほしい」と呼びかけがあった。

20110518_hatsushiba
作家ジュン・グエン=ハツシバ氏

【ジュン・グエン=ハツシバ Jun Nguyen-Hatsushiba】
1968年、日本人の母とベトナム人の父との間に東京で生まれた。幼少時代を日本で過ごし、美術教育をアメリカ・シカゴで受け、現在はベトナム・ホーチミンを拠点に制作活動を行い、多くの作品が世界各地で展示されている。








20110518_school2
過去の作品を解説するハツシバ氏

【過去の作品】
これまでにメモリアルプロジェクトとして数々の作品を発表している。戦争・公害・国際化・経済発展・社会変化などその土地で起こったこと、その土地に住む人々の記憶と揺れる心情、不安や希望などを表した興味深い映像作品が多い。インドシナ海、沖縄や熊本の海、メコン川などで撮影された作品が紹介された。




【ヨコハマトリエンナーレ2011の作品】
《Breathing is Free: JAPAN, Hopes & Recovery》

これは2007年に開始したランニング・ドローイング・プロジェクトで、GPSを身に着けて走りながら地図上に絵を描く。かつて、絵に必要な線を描くために道ではないところ、浅瀬の川や茂みの中などにも入り込んだ経験がある。同プロジェクトの過去の作品タイトルに付けられた数字12,756.3 は地球の直径12,756.3 Km を示す。ある場所から反対側へ移動する、あるいは全く異なる状況へ移行することを象徴している。走りながら、体力的窮地に追いやることで難民(ヨコハマトリエンナーレ2011の作品においては大震災の被災者と捉えていいだろう)の問題を身体的に体験して捉え、問題と向き合う狙いがある。難民の境遇を理解し思いやりながら制作する精神性の深いものである。

ジュン・グエン=ハツシバ氏は、「今年2月に横浜をリサーチしに来訪した際は菊の花をイメージして作品の構想を練っていたが、3月11日に東日本大震災が発生して甚大な被害を負ったことを知り、日本で何が起きているのか、被災者のことを考えながらホーチミンでGPSを付けて地図上に桜の花を描くように走り始めた。桜は人生の節目の季節に花を咲かせる。人々は暖かくなる春を、花見を楽しみにする。桜は大きな木に育つ。桜は日本人にとって思い入れの多い木である。エネルギーをアート作品にして被災者を勇気付けたい」と今回の作品に掛ける熱意を示した。

ランニング・ドローイング・プロジェクト全体でこれまでに約1,000Km走破した。今回横浜での目標距離は約1,000Km。残り約10,000Kmとして、将来さまざまな街を走り合計12,756.3Kmに到達させたいとのこと。また、本プロジェクトは、メモリアルプロジェクトとして継続しているものの一部でもある。

ホーチミンと横浜でそれぞれ協力ランナーにGPSを装着して街を走ってもらい、そのデータをGoogle Earth上に展開する。走った軌跡で桜の花を描く。ホーチミンの河川を桜の幹に見立て、ホーチミンの桜の花と横浜の桜の花をあわせて桜の木を完成させ映像作品にする予定。

【作品制作サポーター募集】
GPSを身に付けて作家が指定したルートに沿って街を移動してくれるサポーターを募集中。走者、写真記録係、ナビゲーターの3人一組で実施。走る速度は自由。現在17ルートを決定し開始しているが、随時ルートを増やしサポーターを募集予定。詳しくは以下を参照、お問い合わせを。

■お申込み方法・参加要項の詳細 ※必ずこちらを読んでからご応募を。
http://yokotorisup.com/get-involved/2011/05/news-99.html

■サポーター活動・申し込み
横浜トリエンナーレサポーター事務局(平日11:00-19:00)
TEL&FAX: 045-325-8654 Email: artist-support@yokotorisup.com

【参考】
以下に2002年以降、日本で開催されたジュン・グエン=ハツシバ氏の個展の一部を紹介しておく。

■2002年 ミズマアートギャラリー
“Memorial Project Minamata: Neither Either nor Neither – A Love Story “

■2004年 森美術館 
MAM プロジェクト002
 
■2007年 ミズマアートギャラリー
「The Ground, the Root, and the Air (グラウンド、ルーツ、エアー)」

■2010年 ミズマアートギャラリー
「Thank you ありがとう Cam on」

レポート:山岸泉 写真:はしもとのりこ

広告

第9回ヨコハマトリエンナーレ2011 トリエンナーレ学校「ヨコトリ2011見どころ講座 アーティスト編2」」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中