ART-AIDが始動。バーゼルから東北へ。

ART-AID 公式サイト

スイスで開催される世界最大規模の現代アートフェア アート・42・バーゼル(2011年6月15日~19日)を含む期間中、東日本大震災被災者支援を目的としたチャリティ活動を展開する。

バーゼル市内の旧”Plug.in”ギャラリーにて、企画展「Remembrance of the Future to Come 来るべき未来への追憶」展を行う(2011年6月11日~29日)。2011年3月11日に起こった東日本大震災を、アート作品を通して見つめる試み。入場料はDonation制とし、ここでの収入全てを被災孤児の奨学金として日本国内のNPOに寄付する。

参加アーティストは、インゴ・ギュンター Ingo Günther、畠山直哉 Naoya Hatakeyama、大巻伸嗣 Shinji Ohmaki。

(公式サイトより)

広告

ART-AIDが始動。バーゼルから東北へ。」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中