「とおくてよくみえない」?! 高嶺格さんにきく

12月12日(日)午後。「高嶺格・オープンスタジオ@黄金スタジオA」に参加した。

(写真は 横浜美術館スタッフブログより転載)

横浜トリエンナーレ2005での作品「鹿児島エスペラント」を憶えている方も多いのではないだろうか。

私はじつは2年ほど前に、高嶺さんが自らのケッコンを成就するために?作品を制作していく実話を書いた『在日の恋人』を読んで なんておもろい、とらわれのない人なのであろうと作品も好きだが本人のファンになってしまった。
高嶺格(たかみね・ただす)さん 1968年生まれ。滋賀県から横浜・黄金町に今月一家でやってきて、横浜美術館での個展に向けて、現在滞在制作中である。一家にはなんと3人の子どもが含まれ、そのなかには0歳児もいるらしい。

ふだんは田舎暮らしなので、子どもたちが駅前のハダカの看板などみたらはたして、

と親として心配したそうだ。が、子らはパチンコの玉が地面にたくさん落ちているのが珍しく、拾うのに地面ばかりみているので看板には気がつかない、とか。ほんとうか。

この日のトークは二部に分かれており、
一部は木村絵理子(横浜美術館学芸員)さんが、二部は天野太郎(横浜美術館主席学芸員)さんが聴き手を務めた。

トークの中で印象に残ったのは「アトリエをもったことがない」「倉庫もない」滞在制作型のアーティストであること、「とにかく現場の空間で思いついたアイデアを作品にするスタイル」「人といっしょに作業するのが好き」「(作品を)後にのこすということを考えていない」

後半では「作品の価値はどう作られるのか」「美術作品の値段とはなにか」「(共同制作などの場合)○○さんの作品であると言い得るのか」「作品は結果ではなくて、プロセスにあるのではないか」などの議論があった。

最後に、新年に横浜で行われる高嶺さんの展覧会「とおくてよくみえない」@横浜美術館 について聴いたことを。

昭和20年代に日の出町に建てられ、今年夏に美術旅館として再生された旅館「竜宮」の中にあったいろいろなものが現在展覧会のために横浜美術館に運ばれているとか。。。

そして制作に使用する(派手な柄の)もうふを求めて、市民からのもうふ寄付を絶賛お願い中であるという

作品制作サポーター、記録のサポーターなども大募集されている

担当学芸員の木村さんに「とおくてよくみえない、とは・・・」と聞くと

「美術館でいちばん大切なことは よくみえること でしょう。それを・・・」

とおくてよくみえない  うーむ。

展覧会詳細はこちら 会期2011.1.21 – 3.20 横浜美術館

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中