mediActions は、連日盛りだくさんのプログラムで11月13日まで 3331にて開催中! 10月24日はパフォーマンスをUST中継

dislocate mediActions

みなさま、山岡佐紀子です。

9月26日より3331ArtsChiydaにて開催中の「メディアクションズ」http://dis-locate.net/mediactions/

も、後半になって参りました。テークノロジー、メディア、公共空間、ローカリティ、ジェンダーがテーマのイベントです。

今後の予定をお知らせします。公共哲学カフェとの共催イベントもよろしくお願いします。

ワークショップ4 B1マルチスペース

10月23日(土)14:00~18:00 映像を感覚的にコラージュする。

パフォーマンス B1マルチスペース

10月24日(土)14:00~ シェン・ジー、ジャスミン・パテラ、ピリリャ・ターニャ、山岡佐紀子

*山岡の作品は『天使の監視』というタイトル。秋葉原駅構内で行うパフォーマンスを、観客は離れたイベント会場にて「安全に」に鑑賞します。

ファイナル・ワークショップ 集合場所 B1マルチスペース

10月30日(土)14:00~18:00 『モバイル・ティーパーティ』というアクションを参加者と屋外にて共に行います。秋葉原がその発祥の地であるというリヤカーですが、

現在も段ボール集めに使われているリヤカーを1台借りて、町の「開かれた場所」を求めて、のんきに移動式お茶会を行います。是非ご参加を。

参加型イベント

10月31日(日)14:00~ 内容未定

展覧会 ギャラリーB

10月30日(土)~13日(土)12:00~20:00 ワークショップのドキュメントと、滞在中のレジデンシーアーティストが制作した作品やパフォーマンスの記録。

共催イベント

11月11日(木)18:30~21:00 ギャラリーB

公共哲学カフェ出前編「公共哲学×アート』 アートにとっての公共への期待、「公共哲学」から見たアートをディスカションします。公共哲学では、公(官)と私の2分法ではなく、その2つをを媒介する場としての新しい「公共」という開かれた場所を、実践的に作っていこうとする動きだと、山岡は理解しております。いわゆる「パブリックアート」としてではなくて、「個人の居場所でもあるはずのあるアート」はこうした動きに、どんな希望や活動を持って関わることができるでしょうか。試みてみたいと思います。

モデレーター/宮崎文彦さん (千葉大学国際教育センター特任研究員、京都フォーラム/公共哲学共働研究所共同研究員[公共哲学担当])

コーディネーター/山岡佐紀子

協力/アライ=ヒロユキさん

共催/シリーズ『公共哲学』を読む会(NPO法人準備会)」  関連URL  http://public-philosophy.net/

山岡佐紀子

http://sakikoyamaoka.com

sakikohechima : Skype, Twitter

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中