7/3 横浜市民メディア連絡会 総会&講演会 開催

Y150ヒルサイドの市民放送局

写真はY150ヒルサイドでの市民放送局

………………………………………………………………

ごぶさたしておりますがいかがお過ごしでしょうか。

原総一朗さんの残したさまざな市民メディア活動のDNAは各区における市民活動の中にしっかりと伝播していき、新しい活動を創造しているようです。

たとえば、Y150のヒルサイド会場の生中継をきっかけにスタートした横浜市民放送局のプロジェクトがなかなか活発な動きを示しています。

つい先日もBankART NYKで開催された「環境行動フォーラム2010」で横浜市民メディア連絡会のメンバーを中心に放送したところ大きな反響と評価を得ることができました。また、新しいメンバーを迎えることもできました。

また、横浜会議で採択された地域デジタルアーカイブづくりの提案をきっかけに、茅野さんが「こうなんの歴史アルバム」を完成させました。横浜市民メディア連絡会の地域デジタルアーカイブ活動の原点となった提案は、原さんが仕掛け、グローマンさんが内容をまとめたものでした。

さらに、Y150で展開した「みんなでつくる横濱写真アルバム」も、市からの助成がないにもかかわらず、なんとか活動を持続しております。

さて、前置きが長くなりましたが2010年度の通常総会を7月3日6時からなか区民活動センターにて開催したいと思います。

総会では「iPadの登場で一躍脚光を浴びた電子書籍アーカイブ“青空文庫”の市民的活用術」(仮題)として富田倫生さんに6時から講演していただきますが、それに先立って5時から総会を開催いたしますので、是非、ご参集ください。

講演していただく、富田さんは青空文庫(あおぞらぶんこ)の世話人。同文庫は、日本国内において著作権が消滅した文学作品を収集・公開しているインターネット上の電子図書館です。青空文庫のルールにしたがって電子出版することでさまざま記録や記憶をアーカイブできます。また、無償ですが、流通させることができます。電子出版の市民的活用を考えるきっかけにしていただければ幸いです。ちなみに青空文庫の名前は根岸森林公園がきっかけで生まれたという噂があります。真相はいかに!

総会では、2009年度活動報告と会計報告をいたします。また、市民メディア連絡会の運営会議を情報交換の「機会・場」として、出入り自由の月例サロンとすることを提案させていただきたいと思っております。固定的なメンバーで情報交換するのではなく、新しい出会いが新しい活動を創るような情報交流の場にしようということです。

是非、みなさまのご意見をお聞かせください。

以上、簡単ですが、7月3日(土)午後5時から横浜市民メディア連絡会総会とスケジュールにご記入くださるようお願いいたします。当日、会場でお会いしましょう。

横浜市民メディア連絡会代表 和田昌樹

………………………………………………………………

日時:7月3日(土)午後5時から
場所:なか区民活動センター研修室
http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/ncac/
参加: 一般参加無料
○市民メディア連絡会のメンバーの方は出欠確認をメーリングリスト充てにお送りください。欠席のは合わせて委任状もお送りください。

講演:「iPadで注目される電子書籍の市民的活用術」
講師:富田 倫生 氏(青空文庫)

青空文庫

懇親会:午後7時半頃終了予定。適宜懇親会場へ

………………………………………………………………

横浜市民メディア連絡会とは?
市民が自由に市民メディアを活用して、コミュニティの課題を主体的に解決するため、市民メディアの活用研究、メディアリテラシー研究などを行い、市民団体、行政、大学、メディア/企業の会員メンバーが協働して行政への政策提言、社会的実験などを行なう市民団体です。

http://www.y-cmc.com/

………………………………………………………………

プログラム詳細

☆前半 総会 (17時~17時50分)

●1号議案 2009年度事業報告
【市民デジタルアーカイブ・プロジェクト】
みんなでつくる横濱写真アルバム、港南区のデジタルアーカイブ活動、大山街道発見の旅、その他
【市民放送局プロジェクト】
横浜市民放送局、市民メディア活用講座
【地域情報プラットフォーム・プロジェクト】
【その他】
みんなでつくる市民活動マニュアル

●2号議案 2009年度決算報告

●3号議案 会費に関する会則の変更
会費は総会、入会時の寄付でまかなう提案。

●4号議案 2010年度予算の確定

●5号議案 2010年度活動計画の確認と承認
市民デジタルアーカイブ・プロジェクト、市民放送局プロジェクト
地域情報プラットフォーム・プロジェクト、みんなでつくる市民活動マニュアル

●6号議案 運営会議のオープン化および月例情報交換サロン化の提案
運営委員は止めて情報交換の月例サロンへ
固定的なメンバーで情報交換するのではなく、新しい出会いが新しい活動を創るような情報交流の場として設定。新たに担当者をもうけ会員拡大を目指す。

●7号議案 2010年度役員の改選

☆休憩 (17時50分~18時)

☆講演会 (18時~19時)

「iPadで注目される電子書籍の市民的活用術」

ゲスト講師:富田 倫生 氏
広島市生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。編集プロダクション勤務を経て、ライターに。ノンフィクションのさまざまな分野を取材対象としてきたが、次第にパーソナルコンピューターの比重が高まる。ボイジャーのエキスパンドブックを見て電子出版の可能性を本気で信じ込むようになり、「パソコン創世記」と名付けたタイトルを、コンピューターで読むことを前提に制作。このブック上の記述を、インターネット上のさまざまなホームページにリンクさせていくという作業を体験してからは、電子本への確信をさらに深めている。
紙で出してきた著書に、「パソコン創世記」(旺文社文庫版、TBSブリタニカ版)、「宇宙回廊 日本の挑戦」(旺文社)、「電脳王 日電の行方」(ソフトバンク)、「青空のリスタート」(ソフトバンク)、「本の未来」(アスキー)がある。

………………………………………………………………

広告

7/3 横浜市民メディア連絡会 総会&講演会 開催」への1件のフィードバック

  1. 「青空文庫」とは、著作権が消滅した作品と、著作を共有財として提出された作品を自由に読めるインターネット図書館です。 1997年にこの活動ははじまりました。iPadやKindolが発売されて、俄に「電子書籍」のブームがわき起こっている2010年ですが、すでにその思想的、技術的基盤は「青空文庫」が10年以上前からこつこつと積み上げてきたのです。
    青空文庫の創設者、富田倫生さんにお会いしたのは1999年のことです。訥々と語る独特の口調に「青空の本」の世界に引き込まれました。彼が語る「青空文庫」の誕生物語を聴いて、僕は、彼が芝生に寝転がって見たという青空は、根岸森林公園の青空じゃないかとずっと考えていました。彼は横浜の人なんです。明日、その真相を聞こうと思います。
    青空文庫には現在9000冊以上の電子書籍が収まっています。当時約200人と聞いた、テキスト入力と校正のボランティアは今何人になっているのでしょう? 大きくなった組織の中ではたしている役割は何でしょう? 著作権をめぐるさまざまな問題は現在どんな現状なのでしょう? グーテンベルグ博物館まで取材した彼の著作権に対する思想は独特で革新的です。デジタルアーカイブにおけるテクノロジーの在り方は? こんなに変化の激しいインターネットテクノロジーのただ中で、青空文庫はどうやってこんなに続いているのでしょう? 聞きたいことは山ほどありますが、彼の「人」に逢うだけで、それがなによりという気がする。魅力ある人です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中