2.12-17 「イスラエルの若いアーティストとの対話」展

[速報・レポート]

以下の展覧会、おかげさまで続行中です。

変更情報がありますので、お知らせさせてください。

………………………………………………………………………………

C&M T (大砲と美神 Cannons and Muses, Tokyo) による展覧会

「イスラエルの若いアーティストとの対話」展

2010212日(金)~17日(水) 14日(日)休み

14302000 多摩美術大学 上野毛校 演劇演習室(鏡の間)

………………………………………………………………………………

オープニング前の初日にも、予定外にパフォーマンスが行われ、若者エネルギーとユーモアとの連続を楽しみました。

オープニングパーティでは、阪中君による、前日の続きというパフォーマンスがありました。納得いくまで、何度も行うのだそうです。あしたもするのかな。

しかし、残念ながら、16日に予定していた「テルアビブとのリアルタイム」パフォーマンスは、テルアビブ側のインターネットセットができなくなってしまったため、中止となりました。

もちろん! 日本側会場のみでのパフォーマンスはあります。たぶん、予定時刻から始まると思います。(1900

*長尾日和さんによる、Maya Gelfmanの詩を、独自に解釈しなおしたリーディングパフォーマンス

*阪中隆文君による、Chaya Ruckenのパフォーマンスを、彼の身体と意識を借りて再現パフォーマンス

*村上裕君により、Nisreen Najarのパンを使ったインスタレーションへのオマージュパフォーマンス

*後藤天君と仲間たちによるテルアビブと日本の町の音などを使ったサウンドパフォーマンス

などなどが、予定されています。

予定どおりにはなかなかやれないのだけど(笑)、彼らはトライすることをやめません。

今時の大学では、パフォーマンスアートが普通に行われるようになったんだなあと、将来頼もしいと思っていたところ、

「おれら、相当特殊なタイプですよ。」

ぬあんだ。

良かったら、散歩がてら、激励に来てください。

山岡

………………………………………………………………………………

山岡佐紀子です。わたしがコーディネート、アドバイスしているC&M Tokyoの学生さんたちの企画する展覧会です。

地球の半分くらい裏側の、見ず知らずの若者たちとネットを通じて話し合い、彼らの作品を、できるだけリアルタイムに興味深く見てもらえるようにと、紹介方法を工夫しているようです。どうなることか?

とにかく、パフォーマティブな試みに満ちたものになりそうです。

御興味のある方! お時間があれば、御高覧いただけるとありがたいです。

——————————————————————————————————————–

C&M T(大砲と美神 Cannons and Muses, Tokyo)による展覧会

「イスラエルの若いアーティストとの対話」展

http://cannonsandmusestokyo-sakikohechima.blogspot.com

2010年2月12日(金)~17日(水) 14日(日)休み

14:30~20:00 多摩美術大学 上野毛校 演劇演習室(鏡の間)

13日 16:30頃からパフォーマンス

17:00オープニングパーティ(作品の紹介のトークが各チームによって、行われます)

16日 19:00 テルアビブとのリアルタイムパフォーマンス

——————————————————————————————————————-

C&M, Telaviv(テルアビブ)とC&M, Jerusalem(エルサレム)の若いアーティスト(学生)8名によるプレゼンテーションを、東京のメンバー10名がホスト役となり、紹介する展覧会です。紹介作品は、映像、写真、ドゥローイング、パフォーマンス、ワークショップなど。
作品は、インターネットや郵送などで送られてきます。
そして、単に作品を展示するのではなく、ほぼ1対1のチームになって、メールやSkype などでのコミュニケーションし、ゲストのアーティストの作品を、日本の観客に少しでも伝わるように、ホスト側は工夫します。
チームよって、紹介の仕方は違います。あるチームは、イスラエルのアーティストのパフォーマンス作品を再現します。
インスタレーションの再現もあります。お互いの作品のコンセプトの近い部分を意識して話し合い、展示をコラボレーションにする試みもあります。

C&M, Telaviv(テルアビブ)とC&M, Jerusalem(エルサレム)の若いアーティスト(学生)8名によるプレゼンテーションを、東京のメンバー10名がホスト役となり、紹介する展覧会です。紹介作品は、映像、写真、ドゥローイング、パフォーマンス、ワークショップなど。
作品は、インターネットや郵送などで送られてきます。そして、単に作品を展示するのではなく、ほぼ1対1のチームになって、メールやSkype などでのコミュニケーションし、ゲストのアーティストの作品を、日本の観客に少しでも伝わるように、ホスト側は工夫します。チームよって、紹介の仕方は違います。あるチームは、イスラエルのアーティストのパフォーマンス作品を再現します。インスタレーションの再現もあります。お互いの作品のコンセプトの近い部分を意識して話し合い、展示をコラボレーションにする試みもあります。

——————————————————————————————————————–

イスラエル側ゲストメンバー

Irit Manor, Maya Elran, Chaya Ruckin, Nissreen Najar, Lior Amir Kariel, Naava Weiner, Anat Saad, Maya Gelfman

東京側ホストメンバー

後藤天、磯龍介、阪中隆文、鈴木萌、赤土翔一、村上裕、山本渉、丹下友希、畑江彩美、十河佑美

コーディネーター*Premshay Hermon+山岡佐紀子

協力*多摩美術大学映像演劇学科研究室

主催*Cannons and Muse Tokyo (代表・後藤天  映像演劇学科3年)

——————————————————————————————————————–



広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中