大岡川に咲いた冬の桜「光のぷろむなぁど」キャンドルナイト


横浜市南区の吉野町駅周辺で大岡川アートプロジェクト光のぷろむなぁどが開催中だ。20日夜にはメインイベントとして蒔田公園グラウンドに桜の花をかたどった5000個のキャンドルが並べられた。横浜市立共進中学校吹奏楽部や和太鼓「撥當(ばちあたり)」の演奏やゴスペルなどのコンサートのほか、屋台も出店し200名以上が楽しんだ。
5000個のキャンドルはペットボトルを再利用して作られたもので、冷たく強い風が吹く中、一つずつ地域住民の手で灯りが灯された。風が吹くたび消える灯りに、訪れた人々から「あぁー」とため息も漏れていた。

桜のキャンドルナイトはこの日1日限りだったが、周辺には6人のアーティスト(中村敬、北川貴好、さかもとゆり、竹本真紀、フヤミフユミ、本間純)と、近隣の中学校(横浜市立蒔田中学校、同共進中学校)、日枝小学校放課後キッズクラブ×椎橋良太の作品が展示され、23日(水・祝)まで楽しむことができる。また23日17時〜、アーティストも参加し、アート見学ツアーが行われる。
詳細は大岡川アートプロジェクト実行委員会ウェブサイトを参照。

広告

大岡川に咲いた冬の桜「光のぷろむなぁど」キャンドルナイト」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中