YCAN.JP アーカイブをご覧ください 〜横トリ2005の記録

ycan.jp トップ

ycan.jp は、TAEZ! の前身にあたる、市民広報ボランティアグループ「はまことり」のオフィシャルブログです。横浜トリエンナーレ2005の1年前、2004年8月から2009年3月までの記事が記録されています。横浜トリエンナーレ2008期間中は、はまことりメンバーはトリエンナーレサポーターとして参加しましたが「はまことり」としてではなく「個人としての参加」に制限されて、別サイト「横浜トリエンナーレ2008・サポーターズサイト」を中心に活動しました。そのサイトは2008終了後に閉鎖され今は見ることができません。横浜トリエンナーレ2008のサポーターの活動はわずか ycan.jp に掲載された記事と、サポーター報告書「アートボランティア横浜スタイル」(美術出版社刊 ISBN978-4-568-50395-1)で読むことができます。

ycan.jp=Yokohama City Art Network

ycan.jp は、トリエンナーレ2005会期中には一日平均1200人の来訪者(ユニークアクセス=同一人はカウントしない)を数え、会期終了後もアクセスは伸び続け最高4000人を記録しました。当時は今に比べてネット上での現代アートの情報が少なかったからでしょう。

ycan.jp と並行して配信した、ポッドキャスティングによるネット放送局「Take Art Eazy!」も画期的な試みとして人気を博しました。こちらも会期中に累計190000人が訪れています。このサイトも今は残念ながら見ることができません。(TAEZ!の名称はこの放送局からいただきました)

ycan.jp には当時発行したフリーペーパーのPDFファイルがダウンロードできるなど、貴重な資料がたくさん詰まっています。トリエンナーレ・サポーター活動のアーカイブとして今後も存続させていくつもりです。

●主な記事一覧

・フリーペーパーバックナンバー(2005年2月から12月まで計8号)

・[特集]ZAIM もうひとつの横浜トリエンナーレ

・ZAIMサポーターズ・スクール開催一覧

・2つの「横浜トリエンナーレ2005・ドキュメント」出版と記念会のお知らせ

・トリエンナーレ作戦会議V <市民シンポジウム>開催!

・速報:「横浜トリエンナーレ2008/HOP会議」開催される

・「アートの現場─見る、聞く、つくる─」東北の現場から横浜の現場へ

・界隈探訪「アートシティーヨコハマ」BT増刊号発行記念 橋本浩美写真展

.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中